TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第29回 PART.4

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第29回 PART.4

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。
これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「足裏から人生を読む」。
足の裏は、実はスピリチュアル的にも大きな意味を持つ場所なのです。

シャンバラを足裏でキャッチ

これから、シャンバラを意識して暮らしましょう!
裸足で大地を歩きましょう!
気持ちのいい場所を足の裏で感じて、そこで大の字になってアースしょましょう!

背中から潜在意識にたまっていたストレスや感情エネルギーが解放されて、愛でいっぱいのパワフルなシャンバラパワーを吸収できます。

土と触れ合いましょう!
畑で自分が食べる野菜をつくりましょう!
アパートやマンションに住んでいる方もプランターで土に触れながら、野菜や花をつくりましょう!

7年かけて無農薬のりんごを実現した木村秋則さんの面白い手引書「あなたの人生に『奇跡のりんご』をつくる本」(小学館)をお勧めします。無農薬の野菜づくりの方法がやさしく書かれています。

木村さんは宇宙人ともコンタクトしていて、とても面白い方です。無農薬のりんごを実現したときも、土にヒントがありました。

シャンバラは土とつながっています。
山、川、森、海、木々、イルカや鯨ともつながっています。すべてに意識があって、対話ができるのです。大好きなガジュマルという木も対話を続けているといろんなことを教えてくれます。

裸足で歩くと天然の健康サンダルで足の裏のツボを刺激して、エネルギーがたくさん入ってきて、気のめぐりがとてもよくなるそうです。

これからは、積極的に大地と触れ合うようにしましょう!
足の裏でシャンバラパワーをキャッチです!

~終わり~

→バックナンバー

 

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。