オリンピックの羽生結弦選手に見る~「大いなる神の力が働く人は、大いなる自分で在り続けることができる人」

オリンピックの羽生結弦選手に見る~「大いなる神の力が働く人は、大いなる自分で在り続けることができる人」

オリンピックに住む魔物

こんにちは。自分の神話ナビゲータ冨永のむ子です。
魔物が棲むと言われるオリンピックで、魔物を攻略して、勝利の女神をほほ笑ませる人はどんな人なのか……。
宇宙とつながるサポートをする立場として興味深く観察していましたが、神の力が働く人には、いくつかの共通項があります。

中でも大きなポイントは……「自分を冷静に観察できていること」
自分にある程度の距離を置いてながめる自分を育てられていることです。

自分が置かれている状態、状況を、俯瞰して眺めることができると、エネルギーを無駄に分散することなく、いま、ここで、必要なものに集中することができます。
魔物がどんなにちょっかいを出しても、それに流されることなく、平常心を保つことができる

 

羽生結弦選手が金メダルを取れたのは……

フュギアスケートの羽生結弦選手は、世界最高得点を獲ったSPの演技中、足が震えていたそうですね。
そこで、「自分は震えている!どうしよう!」と、肉体の反応に動揺する渦の中にいる肉体レベルの小さな自分もいたでしょう。でも、その一方で、そんな自分を冷静に観察し、自己統御する大いなる自分(ハイヤーセルフ)が、ちゃんと顕在化しているのです。

メダルを取った後で周囲が大騒ぎしている中でも、自分の年齢や、メダルを取ったことで置かれた立場をちゃんと理解していて、「メダルをとった、俺はすごい!」とただはしゃぐのではなく、「自分はこれからだ」と、冷静に自分をふりかえりながら、「今はこの幸せに浸りたい」と自分にご褒美をあげている。
ある意味冷徹なほどに、自分を眺めることができています。

 

スノーボードで、15歳で銀メダルを獲得した平野選手も、メダル前も後も、どんな場面でも、ひょうひょうと、置かれている状況を観察しながら受け答えしている姿が印象的でした。

ベテランの葛西選手も同じ。
腰痛を抑えながらのジャンプ。
飛んでいる最中に、「腰が痛い」という感覚の中に入りきるのではなく、「腰が痛い自分」を観察し、コントロールする冷静な自分が別に存在していた。

終わってからのインタビューでも、やった~と言いながらも、「まだまだです」と冷静に語る自分も存在し、でも、がんばってきた自分をほめたたえることも忘れない。
伝説を生み出す、まさに神話を創る人は、自分の取り扱い方法をよくわかっているなあと思いながら見ていました。

仏教用語で、悟りの境地に立った状態を「達観」と言います。
達観は、自分を自分で観察している状態。
現実世界で自分の身に降りかかることに意識が支配されない状態を指します。

魔物が住んでいると言われるオリンピックで平常心を保ち、本当の自分でいられる人は、魔物に意識を奪われそうな動揺する自分をしっかりと見つめて、見守る内なる神様(=ハイヤーセルフ)が解放されている人。

これは、ごく普通の生活を送る私たちにも同じことが言えます。
目の前に起こることは全て中立で、そこに評価判断を下すのは自分。
外で起きるさまざまなできごとに、自分の意識を奪われなければ、本来の自分は心穏やかに、回り道することなく、自分が進みたい道を進む生き方ができるのです。

自分を客観視するには、自分が今望んでいる欲望や、問題解決だけに目を奪われないこと。

今の自分がどんなコンディションなのか、そして、その自分が本当に目指すものは何なのかを、自分の感情をいったん脇においやり、怒りやアドレナリンを放出させずに、観察することが大切です。

「願望実現!」とか、「夢を叶える!」とか、「ワクワク!」とか、「イメージを現実化する!」といった、ネット上にあふれかえる成功や自己啓発の方法……。

それ自体は悪いものではないのですが、ただ表に湧いている感情に任せて、それらを叫んでいても達観した視点を持つことはできません。

そういったある種バブルのような感覚を手放して、自分を客観的に眺め、静かに自分と対話することができた人だけが、夢や願望を叶え、イメージ通りの現実を引き寄せているという、現代の矛盾にどれだけの人が気づいているでしょうか。

 

自分を制御し、達観する自分を外側に解放し、自分の人生にすでに決まっている設計図(ブループリント)を具現化していく時代がやってきましたよね。

それを実践する講座が、3か月間にわたって、自分を客観視し、内なる自分を顕在化するグループ講座自分の神話塾です。
潜在意識とつながり、その先の宇宙ダイレクトにとつながるワークと、現実世界を生きるリアルな自分と対話するワークを行うことで、自分の表面意識と潜在意識を一致させ、宇宙とつながる本来の自分であり続けるスイッチと、天から与えられた使命を生きていくブループリントをその手に取り戻すグループ講座です。

地位やお金など、外にあるものを追いかけることの、虚しさに気が付いた方、ふわふわしたスピリチュアルワークや、願いを叶えるワークは、意味が無いことだと気付いた方、地に足をつけて、自分が宇宙と決めてきた役割に、逃げずに向かい合いたい方、自分が生きるべき、本来の人生の設計図を取戻し、達観して自分を取り扱える自分を解放しにいらしてください。

http://www.jibunnoshinwa.com/?cat=88