あなたの「お金のものさしは大丈夫?」~お金を増やすためにマインドを変える!

あなたの「お金のものさしは大丈夫?」~お金を増やすためにマインドを変える!

あなたの「お金のものさし」は?

日々の生活には困らないけど、やっぱり、お金は無いよりはあった方がいいですよね。いざという時の保険みたいな物でしょう。
お金持ちのマインドと金銭的に困っているマインドはどこが異なるか色々と研究して来ました。
決定的な違いは、「マインド=思考」にある、ということかもしれません。
あなたのお金の使い方は、ほぼどちらかの両親、または、一緒に暮らしていた人たちのお金に対する考え方に近いはずです。

あなたの「豊かさ」を決める「お金のものさし」を理解していれば、あなたが死ぬまでのあなたの経済状況を予測できることでしょう。

「お金のものさし」とは、お金に関してどんな価値観や思い入れがあり、あなたの「お金」に対する心の働き、そして、潜在意識に刻まれているかを示すデータベースの計りです。

あなたの内面にある「お金のものさし」が、あなたの経済状況を左右していると言っても過言ではありません。
それは、感情、行動などから影響を受けていますが、過去、特に幼少期に影響を受けた情報によってつくり出せています。
つまり、両親・兄弟・友人・大人・教師・本・テレビ・ラジオ・文化などから受けた学習などから強い影響を及ぼしています。
あなたがいま、お金をどのように扱うか、行動するかは、「誰かから教えられたことから大きな影響を受けている」ということです。

そのように身につけた「お金のものさし」は、コンピューターのプログラムのように、あなたの思考の指示によって、無意識のうちに、この指示に従って動いているのです。
もうすでにお金がある人も、また、なぜか貯金が増えない人もこの質問に正直にお応え下さい。

■小さいときにどんな言葉をよく耳にして、育って来たのか。
■小さいときにどんな人の行動を見て育ったのか。
■小さいときに、どんなお金に纏わるトラウマを受けたり、経験をしているか。

 

両親から受けたお金への影響

わたし自身は母の影響を長い間受けていました。私は、「我が家は超貧乏だ」と信じていました。母が他界して初めて、田舎でそれぐらいの月収がそれぐらいあれば、決して貧乏ではない、逆に御殿までとは言わずとも、ある中級以上の暮らしができるレベルだったと知りました。

本当のわたしは典型的な日本人でコツコツお金を貯めるタイプだったようです。
お年玉も遣わずに母に預けていましたが、実はすべて使われていました。
小学校のとき、修学旅行に行く為にと貯めていた数万円の貯金通帳に「解約」の文字を見たときに本当に理解不能でした。
母は兄を溺愛していて、父には内緒で中学生の兄に、50万円のカメラを買ってあげていたのです。
私はというと、高校に入学するときに安い合成の学生カバンさせも母には買って貰えませんでした。

母に預けるとお金がなくなることに気づいたので、家の中に数十万隠していました。それでも、机の下に茶封筒に入れて、ガムテープで貼っていたものがある日亡くなっていたこともありました。

ときは流れ、大人になっても、どうやってもこうやっても、お金で騙されることが多く続きました。そして、30代頃は、あまりお金を貯めても無意味だと思えるようになりました。
「誰かに使われる前に、自分で使う!」という感じだったのかもしれません。

しかし、元々はコツコツとお金を貯める性格ですし、人に奢ることもします。
それは父の影響に近いと思います。
父は親戚にお金を貸してくれと言われたり、誰かの保証人になり数十万~数百万を貸してあげたこともありました。しかし、貸したお金は戻って来ませんでした。
それよりも、お金を受け取っているのに、「ありがとう」の一言も言えないのかと憤慨していました。貸したときも、父の方から届いたかどうか相手に電話をして確認していたぐらいです。

 

子宮への違和感と前世の関係

もしも、あなたがお金で苦労していると思うのであれば、あなたの幼少時代の両親のお金に関する知識がお手本になっているはずです。

両親は貯蓄家でしたか、浪費家でしたか?
投資に関して勉強したりしていましたか?
お金に不自由することはなかったか?
あなたのお家では、お金は幸福を運んでくれる使者でしたか?
それとも、夫婦喧嘩が耐えない根源でしたか?

このような質問が重要な理由は、わたし達は親をお手本にして育つからです。最終的なお金の使い方は、片親または両方の親の遣り方を組み合わせたスタイルに落ち着くようです。経済的に豊かになりたいのであれば、昔の役に立たないお金の思い出は忘れることです。
そして、新しい豊かなマインドにして行くことです。

「お金がない……」。
しかし日本人はお金がないと言っても以外と持っています。でも、本当に貯金できないのであれば、「お金のものさし」を変える必要があるでしょう。あなたは、これからどのような人生を迎えることが出来そうですか

「平凡・成功・破産……」
必死に働いてもお金に縁がない?
それともお金で苦労することはなさそう?
あくせく働き続ける運命なのか?
人生を楽しむために働く運命なのか?

一度、じっくり考えてみませんか?

ありがとうございます。

 

★小さいけど威力は凄い!
【モルダバイト】の販売をスタートしました!

画像をクリックしてください!