あなたの恋愛関係。「チョプラ博士の教え」PART.12

あなたの恋愛関係。「チョプラ博士の教え」PART.12

マドンナ、レディー・ガガ、ミランダ・カーなど、世界のセレブの信望を集める、米国の代替療法医ディーパック・チョプラ博士。
昨日はバレンタインデーでしたが、気持ちを伝えられた方も、そうでない方も、愛の本質について見つめてみませんか?

あなたの恋愛関係


「愛されるには、まず愛を与えなくてはならない」

ということは自明の理となってきました。
この相互的な作用こそが、愛の流れを活性化するのです。
またこの相互作用なくしては、愛は停滞してしまうことでしょう。

しかし、与えることを学ぶというのは、
誰もが心の奥深くに持っている
やっかいな条件付けに反することなのです。

私たちは皆、良いものを手放してはいけないと思っています。
大切なものを手放すのは難しいことです。
愛情深い人々は、「手放さないこと=束縛」である、
ということを認識するようになりました。

束縛的な恋愛関係に陥ったことのある人なら誰でも、
息がつまりそうな感覚がどんなものか知っています。
相手が、あなたに「自分自身の人生」を生きるための
空間を与えてくれない場合、それは愛ではないのです。

愛は、人間関係を通して経験するものです。
あなたを愛してくれる人がいなければ、
愛の感情―母親の心の暖かさ、友情の喜び、親密な関係の高揚感―
も刺激にはなりません。

ゆえに、自分は愛されていないという典型的イメージは、
孤独だということです。

自分自身とゆるぎない関係を
築いてこそ、「愛の源」になる

人は孤独な時、誰ともつながっていないように感じられます。
自分は孤独だと思っている人は、めったに
愛そのものを探求しようという気にならないものです。

そういう人々は、新しい人が現れるのを待ち望んだり、
出会いを求めたりします。

このようにして私たちは、自分が完全かつ永遠に愛されていると
感じさせてくれる他人に依存するようになるのです。

しかし、そんな期待は、得てして叶わないものです。
そして、期待に応えてくれなかった人たち、
期待に応えてくれても結局は去っていた人たち、
また、一緒に過ごしたけれど心変わりした人たちを責めるものの、
結局のところ、問題の原因は彼らではありません。

「自分は愛されていない」「孤独だ」と感じるその原因とは、
自分とのゆるぎない関係を築けていないことにあります。
「自分自身」こそ、愛の源なのです。

自分を愛し、自分とのラブストーリーを生きている人は、
ここで述べた全てのレッスンを学んだ人たちなのです。

ディーパック・チョプラ

翻訳:渡邊愛子

→バックナンバー

<information>
チョプラ博士来日講演
~これからのウェルビーイング~
日程:2014年9月21日(日)12:00~14:40

場所: パシフィコ横浜  会議センター1Fメインホール
料金:SS席30,000円(税別/230席限定・サイン会付き/記念撮影可)
S席 15,000円(税別/指定席)
A席 8,000円(税別/自由席)

チケットのお申込みはTrinity SHOPへ

<Profile>

ディーパック・チョプラ
医学博士
心と体の医学、ウェルビーイング分野の世界的な第一人者で、70冊を超える著書は35ヶ国に翻訳、発行部数は2000万部超。
クリントン前米大統領訪印時「アメリカは代替医療の先駆者ディーパック・チョプラ博士に代表されるインド系アメリカ人の方々のお蔭で豊かになった」
ミハイル・ゴルバチョフ元ソビエト連邦大統領から「チョプラ博士は間違いなく、われわれの時代で最も分かりやすく感銘を与える哲学者だ」と評され、タイム誌発表の「20世紀の英雄と象徴トップ100」に選ばれ、「代替医療の詩人・予言者」と紹介される。CNN ニュース他メディア出演多数。
レディー・ガガ、ミランダ・カー、マイク・マイヤーズ他、多くのハリウッドのセレブたちのスピリチュアルメンターであり、故マイケル・ジャクソンの親しい友人で相談役でもあった。マドンナ、デミ・ムーアとも親交が深く、共に「A Gift Of Love: Deepak & Friends」というルーミーの詩を朗読したCDも出している。
内分泌科専攻、米国内科医師会フェロー、米国内分泌科医協会メンバー、ケロッグ経営大学院非常勤講師。
コロンビア経営大学院の著名な経営学者、ギャラップ社上席研究員でもある。
ハーバード大学医学大学院主催の内科最新情報を学ぶ年中行事で10年以上講師を務めている。
カリフォルニア、サンディエゴにある「チョプラセンター」創始者。その活動をつうじて西洋の医学と東洋の伝統的な自然のヒーリングを統合させた癒しの手法を確立した。

▼ディーパック・チョプラ オフィシャルWEBサイト
http://www.chopra.jp

★バックナンバーを見る→連載記事:ディーパック・チョプラ博士