「左脳的スピリチュアル~人生に奇跡を起こす魔法を手に入れる~」PART.13

「左脳的スピリチュアル~人生に奇跡を起こす魔法を手に入れる~」PART.13

直観を信じる

イメージング、試してみられましたか?
イメージングが出来るようになると次にやって来るのは、『~したい!』という衝動です。そしてそれは、理屈ではなく、直観でやって来るもの。直観がやって来たら、出来るだけ逆らわないで従ってください。理由は、従うことで次の指令(?)が届きやすくなるからです♪ 仮に『~したい!』という衝動が、イメージングしたこととは一見何の関連性も無いように思えても、です。

私達が見えているものと宇宙から見えているものは違います。また、私達には見えない近未来のことも宇宙はお見通し。幾つかのステップを積み上げることで、気がつけば自分がイメージングしていたことに近づいていた、なんてことはよくあることです。

皆さんも経験があるのではないでしょうか? 何かが完了した時にスタート地点からのことを振り返ってみる。すると、スタートした時には、「今」が見えなかったし、「今」に繋がらないように見えることもしてきたなぁ……と。でも、1つ1つがしっかり次に繋がって「今」になっている。不思議ですよね。それと同時に改めて『直観を信じて良かった』と実感する。世の中で「成功者」と呼ばれる人達は、こんな経験の積み重ねで、「今」を築いています。

ここで必要なことは、「自分を信じること」と「自分に自信を持つこと」です。「直観を信じる=自分を信じる」であり、自分に自信があれば、『例え思うように運ばなくても大丈夫。必ず方向転換する道はあるし、その時期も自分は見誤ることはない』と思えるからです。そう思えたら何を恐れることもなく、行動に移すことが出来ますよね。

宇宙は、自分を信じている人、自分に自信を持っている人の味方です。自分を信じるために、自分に自信を持つために必要なことは、「勇気」と「情熱」かもしれません。「勇気」と「情熱」といえば大天使ミカエル。大天使ミカエルの得意分野は、「恐れや不安を手放すことを助け、勇気と情熱で満たしてくれること」です。

直観が訪れて、『今だ!』と思って(感じて)はみたものの、不安や恐れでいっぱいになって一歩を踏み出せそうにない時には、大天使ミカエルを呼んでください。「大天使ミカエル、今すぐ私の元に来てください。そして、~をしたいと思っているのに不安や恐れで一歩を踏み出せない私に勇気と情熱をお与えください」とか、「~に取り組む上で、私が抱えている不安や恐れを手放せるように力を貸してください」etc.

その時の心の声で大天使ミカエルに語りかけてください。その後はただ大天使ミカエルが自分の元に来てくれたことを信じましょう。そして、不安や恐れを取り除いてくれていることを心と身体で感じてください。きっと何かが変わっているはず。その変化を感謝と共に受け取りましょう♪

自分の人生に責任を持つ

『~したい!』と思ったら、迷わず行動! これが「引き寄せの法則」を即座に発動させるコツですが、『どうしても動きたくない……』と思うこともあると思います。そんな時でも自分を責めないでくださいね。責める代わりに、自分に言い聞かせてください。『行動しないと決めたのは自分。だから、もし、誰かが成功したのを見ても羨んだりしちゃダメ。落ち込んでもダメ。その時に自分を責めるのも無しね』って。

周りの目が気になって一歩が踏み出せない時も、「一歩を踏み出さない」という決断をしたのは自分であることを忘れないでください。自分の人生に責任を持つというのは、そういうことです。何が起こっても人やモノ、コトのせいにしない潔さを忘れないでください。全ての出来事に責任を持つことと自分を責めることとは違います。責任を持つといっても、上手くいかなかったからといって、自分を叱咤して良いということではありません。

何かのアイデアが浮かんだ。でも、それを行動に移したり、表現することによって起こると予想される周囲の良くない反応を考えて、何もしなかった、出来なかったとします。しかし、少しして他の人がそのアイデアを実行に移し、大成功を収めたということを知った。こんな時に以下のことを覚えておいてください。

1.『何であの時に動かなかったんだろう……』と後悔しないこと。
2.『自分だって同じことを考えていたのに、なんでアイツが!』と嫉妬しないこと。
3.『あの時、周りが止めなければ……』と人のせいにしないこと。
4.『何があっても動けたはず。なんて自分は意気地が無いんだ!』と自分を責めないこと。

ただ『自分が動かなかった』という事実だけを受け留めて、次回への教訓にすれば良いだけです。誰だって、今までと違ったことをするのは怖いもの。あなただけではありません。でも、行動しなければ何も起こりません。今の自分に不満があるのなら、『もっと~したい』という思いがあるのなら、今までとは違ったことをしないと何も変わりません。

「変わる」という決断をするのなら、まずは行動を変えてみましょう。ただ闇雲に動くのではなく、自分の直観を信じてみましょう。明日のあなたを作るのは、あなた自身なのですから☆

★バックナンバーはコチラ