居心地が悪いと感じる時、それは……新しい扉を開く時期

居心地が悪いと感じる時、それは……新しい扉を開く時期

居心地の悪さを感じたら……

無人島で生活しない限り、この地球で、村、町、都市で生活していて、何となく居心地の悪さを感じるようになる時があるかもしれません。その場合は、その場所の波動が自分と合わなくなっているか、または、自分自身のバランスが欠けているというシグナルかもしれません。

私生活でも職場でも、あらゆる状況の中で、もしもあなたが、居心地が悪いと感じている場合、そのどちらなのかを判断する必要があります。
あなたの魂が成長したいと願っているために、周りの人たちと波動が合わなくなっている場合は、勇気を出して、その環境から脱出することで、精神的な苦痛がなくなることでしょう。

居心地の悪い住まい、仕事、親子関係、友人関係、夫婦関係……。
居心地の悪い環境、関係にしがみ付いてまで、「あなたは幸せですか?」というサインを送られているのです。
いくら親子であったとしても、お互いに依存し続けることで、お互いの魂が成長できる機会を逃していることもあるのです。

私たちは幸運なことに「自由意志」で、自分の人生を選択できる時代を生きることが出来るのです。
居心地が悪い生活を続けるか、そこから離れるかは、あなた次第です。

あなたを支配するだけの、「家族」という名だけの免罪符のために、あなた自身がこの世で学ぶ必要がある課題を後回しにし続けてまで、あなたはそのしがらみにしがみ付く必要はないのです。

いつまでもそのような場所に身を置いていることで、自分の魂に埃が蓄積していることに気づくことが出来たなら、あなた自身のために立ち上がって下さい。

自分に正直になり、自由意志を尊重して下さい。
あなたの内面から感じる心の声を聞いて下さい。
あなたが正直な選択をしたことで、その人と疎遠になったり、別れたりしたことで苦しまないで下さい。

私たちの人間関係は、年齢によって変わります。
保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、社会での職場、結婚、出産、離婚、再婚、親の介護、親との別れ……。
小学生から同じ友人と数十年もお付き合いしているという人は、あまり多くは無いかもしれません。

自分から離れて行くときもあれば、相手から離れて行くケースもあるでしょう。
そばにいた人が離れて行くことは寂しいものですが、その人にしがみついてはいけません。
しがみつくことで、何かが良い方向へ変わることは滅多にありません。

変化に身を任せていれば、あなたの魂は自ずと、成長を求めて変わって行くことで、新しい人間関係の中で、新しい事を学ぶ機会に恵まれるのです。

すべてのことには、必ず「終わり」があります。その終わりは、新しい体験を迎えるために通過することで、思いもよらない幸運を呼び寄せることができるのです。

ありがとうございます。