「幸せタイムリー~幸運を引き寄せ運勢を好転させる方法」~運を強化し、願いを叶えるキーポイント PART.28

「幸せタイムリー~幸運を引き寄せ運勢を好転させる方法」~運を強化し、願いを叶えるキーポイント PART.28

マスターとの対話 「純粋な霊魂」 ピオ神父

昨年末、ローマ・カトリック教会の最上位・天使学者レンゾ・ラバトーリ神父から「天使は実在するが、翼はなく、光の筋のような存在だ」と発表がありました。
これを聞いて、一瞬、思わず「ガッツ!」ポーズをとってしまいました。(喜)
天使は「純粋な霊魂」だと記事に書いてありましたが、「純粋な霊魂」とい聞いて、様々なことが連想されますが、その1つに中絶や流産により亡くなった子供たちの魂を思い浮かべることができます。

今までに数回、こういった理由で地上で肉体を持って生まれてくることを今回は断念された子供たちの霊魂とコンタクトしたことがあるのですが、いつも感じるのは、中絶や流産された子供たちの魂は驚くほど純粋で、親の気持ちをきちんと理解しています。親に対して、憎しみや恨みは全くなく、むしろ、そばにいて気落ちしている親を勇気づけたり、励ましたりして、癒しを施しているのを感じます。その子供たちの驚くほどの魂の綺麗さに感動し、リーディング中、涙が出てきたこともありました。

そこで今回は、多くの人に「癒し」を施し、自らが聖痕現象を受け、生前、告解室で多くの癒しを行なったイタリアのピオ神父をご紹介します。

マスターとの対話 「純粋な霊魂」 ピオ神父

■■■ピオ神父の守護分野■■■
「許しの心」「癒しの能力」「すべての癒やし」「精神的成長」「視界」「預言」

ピオ神父は、1887年イタリアのナポリで生まれ、教皇聖ピオ5世にちなみピオという名前をもらいました。イエスが茨の冠を被せられ、手に釘を打たれた場所から血が滴り落ちるのと同じ現象があらわれることを“聖痕現象”といい・ピオ神父はまさしく、体のあちこちに聖痕があらわれ50年間消えることはありませんでした。

生存中、ピオ神父は奇跡的な癒しを多くの人に施しました。盲目の人に光をもたらしたり、
医師に見放された病人を奇跡的に回復させたり、将来、起きる事を正確に言い当てたりしたという記録が残されています。超能力者だったとも言われています。神父としても病院を設立したりと献身的に尽くしました。

ピオ神父とコンタクトをとり、“活気に溢れた天界の英知”深い信義と楽観主義に満ちたエネルギーを感じてみてください。
最近、「何をするにしても悲観的に考えてしまう。心配になってしまう。」という声を聞きます。よくよく聞くとテレビやラジオなどメディアから低い波動を受け過ぎていることが影響しているとわかりました。

私が以前、ある有能なヒーラーさんのワークショップに参加した際、ワーク中はテレビなどを見ないで下さいと言い渡されました。波動が上がっている時にネガティブな情報に左右されないようにということだったのだと思います。鍛えられたヒーラーさんは、ネガティブな波動を全く受けないという人もいます。多くの成功したスターたちにもいえます。

こういったメディアは大抵、人の目を惹く為に、行き過ぎたことを書いていたり、真意と全く違うことを書いている場合もあります。様々な情報が流れる昨今ですが、どれが一番正確な情報なのか、自分で判断出来る能力が必要とされます。時々、良いお年をして、あまりにも情報に流されている人を見かけます。これでは、これからの情報化社会で生き抜いて行くことは出来ないでしょう。自分の小さな狭い世界で生きて行くというなら良いですが。自分で確かめる力、それには様々な業種の人とのコミュニケーションなど、普段から、視野を広く持つ為のツールを持っていると良いでしょう。

興味が湧いたら、実際に自分もそこへ行ってみて、話しを聞いてみる、自分の意見も話してみる、自分の目で確かめる、など。自分で行動を起こしてみるのも1つの手段。ネガティブな情報を受けやすい人の話しを聞いていると、自分では何もしていなく、ただ、外からの情報を流し入れているだけという人もみかけます。

また周囲に人の悪口や愚痴、妬み、嫉み、などネガティブなことしか言わない人がいる場合も同様です。低い波動は周囲にも影響します。こういった人は毒を撒き散らしているのを本人は気がつきません。一見、愚痴や文句、悪口は正論に聞えますが、ほとんどの場合、勘違いです。自分はネガティブなことしか言えない。こういった人は一度、口から吐く言葉を全てポジティブな言葉に変えてみるという試みをしてみるといいかと思います。
物心共に豊かな人は大抵、ポジティブなことが次々と言えます。
ネガティブな感情を癒したい時は、一度、ピオ神父に祈ってみるのもいいかと思います。

 

■■■祈りの言葉■■■
ピオ神父どうか私を助けてください。(ここで具体的に状況を話す)
わたしの心はかき乱されています。(ここで具体的な感情を説明します)
わたしは、自分を許す準備ができています。他人を許す準備もできています。
光と愛がネガティブな感情を癒しますように。私の人生に遊びとユニークさ、
ジョークと軽やかさがもたらされますように。聖ピオ神父、アーメン