スピリチュアルメッセージ【2014年の流れ】~前半

スピリチュアルメッセージ【2014年の流れ】~前半

スピリチュアルメッセージ 2014年 今年の流れ

あけましておめでとうございます。サイキックチャネラー佐藤友美です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。【2014年の流れ】になります。

私達は2012年から2013年を経て、ゆっくりと、それでいて大きな変化を続けてきました。
2012年までが幼虫だったとすれば、2013年がさなぎであり、2014年は美しい蝶々になるような、そんなイメージでとらえると良いかもしれません。

余り知られていないかもしれませんが、さなぎはあの堅い殻の中で一度全ての物理的形状を手放し、あの美しい蝶々へと変化をします。

私達が自分と感じている感覚は、全て自分の中にある『自分はこうである』という思い込みや概念の集積に過ぎません。2013年は、その『今までの自分』という全ての思い込みや概念について、違和感や疑問を感じるような大きな流れがありました。

その中で自分を見つめ直し、必要ないものを手放したり、自分を再構築するような、新しい自分へ変化するために揺さぶりをかけられていた時期であり、まさに、蝶々になるために自分という形状を一度手放すような、そんな大変な流れが来ていたのです。

そして、2014年。あなたは蝶々になります。
蝶々といっても、さなぎから出始め、完全な蝶々として存在するまでの、全てがか弱く、繊細な時期が2014年の前半期にあたり、美しく羽ばたき始めるような時期が、後半期にあたります。

2014年前半は地固めの時期

2014年の前半は新しく始めた事やリセットした事、こう生きるぞと思った事についてしっかりと自分なりに向き合い、地固めをする様な時期に入ります。

人によっては、2013年から続いている『変容』という流れに乗って癒しや解放というようなより本質に繋がるための流れが続いていく人もいるでしょう。

しかしそれは、2013年とは少し異なり、新しくなっていく自分を確かめるように、自分がその新しい世界にふさわしい存在かを確かめるように新しい世界と、その世界にいる人達とじっくり向き合っていくような時間です。

そして、そこから生まれる新たな世界に対する希望によって、世界と自分を調和させていくようなそんな『静かな情熱』を帯びて行動していく炎のようなイメージを感じます。

この炎のエネルギーは『情熱』として使う分には問題ありませんが、炎のエネルギーは反転すると『怒り』『爆発』というような危ういものにもなりやすい性質があります。

2014年前半は、情熱を持って自分にやってくるものや、やろうと決めた事について深く突き進み、感触を探り、中庸と呼ばれるような、自分の存在を安定させるポイントを見つける時間になっていきます。

ですが、熱くなりすぎて周囲が見えなくなり、トラブルを起こしやすそうな雰囲気もありますから自分の情熱が、過剰な熱にならないように注意して過ごすと良いかもしれません。

(後半につづく)

 

サイキックチャネラー 佐藤友美
プロフィールはこちら