女性のハートに光の癒しをPART.3「ネガティブ感情は悪いもの?」

女性のハートに光の癒しをPART.3「ネガティブ感情は悪いもの?」

問題をギフトに変えるには……

こんにちは。横浜・東京でシータヒーリング&「光の手」ハンズオンヒーリングを通し、自分を愛する事の大切さをお伝えしている上原慶子です。
ヒーリングスペース・ハートライトを主宰しています。

今までの人生を、「車の助手席に座って、何となく流されるままの人生だ」と思っている方。今度は、自分が運転席に座って、望むように現実を創造して、夢や願望を叶えていきたいと思いませんか?

シータヒーリングには、「潜在意識の思考の置き換え」というものがあります。
人生を生きていく上で、自分の足かせになっているネガティブな思考を引き抜いて、適切な、役に立つポジティブな思考に置き換えるというものです。

たとえば、「自分はダメだ。愛される価値がない」という思考があったら、その思考を引き抜いて、「自分はそのままでも愛される価値がある」に変換します。

「ネガティブな思考は悪いもの」というイメージがありますが、そうではなく、引き抜くとは、ネガティブな思考に感謝をして、愛と光を送ります。

そうするとネガティブ思考は、無理に引き抜かれるのではなく「役に立っていたんだね」と納得して光へ帰っていくのです。
なぜなら、子どもの頃からネガティブ思考と一緒に生きてきたのは、何かの理由で必要だったわけだから。

そしてネガティブ思考がなくなった空間に、ポジティブ思考を入れていきます。ネガティブ思考を完全になくすのではなく、ポジティブ思考を多くして、バランスをとりながら生きていくことが大事。

ヒーリング個人セッションのお客様のなかには、「ネガティブな思考(怒り、憤り、悲しみ、嫉妬)は、感じたくない。ポジティブな思考ならばウエルカム」という方が多いですが、ネガティブな思考は、とてもパワフルなエネルギーを持っていて、充分に感じ尽くすことが大事なんです。

ですが子どもの頃に、何かの出来事がきっかけで心に痛みがあると、ネガティブ思考を感じることを避け、抑圧して生きてしまいます。
「ネガティブな感情を感じたら、また辛い思いをするから、もう感じたくない……」。
そう。ちゃんとメリットがあって、感情を鈍感にすることで、自分を守ってきたんです。
そのため、ポジティブな感情(喜び、楽しみ、幸せ等)を感じることも、感動することも、ストップしてしまいました。

ですから、自然にわき上がってくるすべての感情を、味わい尽くすことが必要です。
そうすると、今まで細胞レベル、内臓、器官、チャクラ、オーラ等に滞っていたエネルギーが流れるようになります。循環よく流れることが大切です。

そこでシータヒーリングでは、ネガティブな感情を感じるために、その人に必要な感覚感情をダウンロードしていきます。
たとえば、
・怒りを恐れることなく、感じ尽くすことができる。
・怒りを適切に表現できる。
・怒りを表しても安心安全だ。
・怒りを表しても嫌われない。

今まで愛されてこなかった人は、愛される感じや喜びという感情・感覚がわからないので、細胞のシナプスの受容体に、愛や喜びを多く入れていきます。
すると、「愛されることや喜びとはどのような感じなのか」を理解することができます。

悩みは神様からのギフト

自分の思考を癒せば、親からの遺伝レベルの思考、過去世から引き継いだ過去世レベルの思考、魂レベルの思考も、同時に癒すことができます。

皆さんは、原因のわからない恐れや不安があったり、何故かわからないけどそうしてしまう……ということがないでしょうか?

それは、親からの遺伝レベルの思考か、過去世レベルの思考を引き継いでしまっているからかもしれません。

たとえば、「なぜか人に弱みをみせたくない。一人で頑張るんだ」と思った時に、「あ、そういえば、うちの親もそうだ」と気づくことで、不適切な思考を変えるきっかけになります。
「でもこれからは、自分一人ではなく、周りの愛も受け取りながら幸せに生きていくぞ」と決意するならば、人生を楽に幸せに生きていけますよね。

悩ませる問題は悪いものではなくて、今の自分に必要だから起きていて、「これをきっかけに、本来の自分に戻ってみたら?」という神様からのギフトなんです。

周りの出来事は、自分の内面を映し出しているから、外の状況を無理して変えるのではなくて、自分のなかを見直してみる……。

自分のなかには、偉大な力があり、創造主にいつも愛されている存在で、どんな時も観ていてくれて、サポートされているから。

もし何かの問題で悩んでいたら、「自分は、ずっと同じ状況ではなく、日々成長しているし、乗り越える力がある」と信じてみませんか?

お読み頂きありがとうございます。

愛と光と感謝をこめて。

 

★上原慶子さん開催のセミナー情報はこちらをご覧ください