TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第14回 PART.4

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第14回 PART.4

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。

これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「老化」。
加齢とともに老いてゆく……というのも思い込み?
「本当の自分」を引き出して“今”を生きることが、輝く若さの秘訣!

「聖なる時間」を生きる

岡本太郎さんのように人生を爆発させて、思い切り本音を語り本音で生きる自然体の生き方を始めれば、自然に私たちは若返ってきます。

まるでこれは宇宙の法則のようです。
意識を「今ここ」に合わせて、過去や未来にエネルギーを使わないよう、100%今を生きることにエネルギーを爆発させましょう! いつまでも青春を引き伸ばして、若い感覚を延長させて、遊びを人生に取り入れて楽しく生きていきましょう!

時間を忘れて夢中になれることをしていると、時間の密度が変わって、時間の概念からはずれることができます。

ネイティヴアメリカンやアボリジニなど、自然体でスピリチュアルに生きている人々は、「聖なる時間
として普通の時間と区別をしています。

今この瞬間に意識が集中されて時空を超えられたら、それは「聖なる時間」を生きていることになります。

最近、急にインディアンの聖地・セドナを描きたくなって、その下絵を描いていたら、自然にインディアンの酋長の横顔を描いていました。夢中で描いていた時間は、まさに「聖なる時間」でした。

聖なる時間に変容すると、マイナスの思い込みの影響は、受けなくなります。潜在意識を超えて本当の自分の光と直結するからです。

さぁ、今この瞬間に集中して、聖なる時間を増やし、自分の光を爆発させましょう!
いつまでも、若々しく、新鮮な自分を、クリエイトです!

~続く~

→バックナンバー

 

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。