TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第14回 PART.1

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第14回 PART.1

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。

これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「老化」。
加齢とともに老いてゆく……というのも思い込み?
「本当の自分」を引き出して“今”を生きることが、輝く若さの秘訣!

老化も思い込み?

老化とは、誰もが人生の半ば過ぎから体験することだと私たちは思い込んできました。
でも本当にそうでしょうか?
研修医時代に、精神病理学の専門書で老化についての、衝撃的なケースを読みました。

ドイツでの実話です。
精神科の病棟に長く入院していた女性で、十七歳から時間が止まっているケースでした。恋人を待っていて、その恋人は残念ながら戦死したのですが、悲しみのあまりその現実を受け入れられず、自分の世界に入ってしまったのです。
ずっと恋人を待ち続けると言う妄想のなかに自分を置いて、そのままを持続したのです。金髪の美しい女性は、誰が見ても十七歳でした。

ところが、彼女の暦年齢はすでに七十代になっていたのです。
彼女の意識のなかでは時間が止まって、老化現象が起きなかったのです。

思いの力の凄さを感じませんか?
ということは、老化現象は、老化すると私たちが思い込むことで、そうなっているということになります。ではそう思わなければ、老化現象を呼び込まなくなるはずです。
これは今回のテーマで、とても大切なヒントになります!

地上での人生を終えて光になり、あの世に帰ると、あちらでは自分の好きな年齢を選ぶことができるそうです。
あなたは、何歳くらいを選びますか?

この世が、だんだんあの世に近づいてきました。意識レベルが上がっているからです。次元アップに向けて、自分を表現する年齢を自分で選んでもいい時代になってきています。

もう亡くなられましたが、加山雄三さんのお母様は、老化現象を引き寄せずに素晴らしいプロポーションを維持して、六十五歳でも三十五歳に見えました。
それに続いているのが、由美かおるさんです。
五十代(当時)でも二十代を維持してドラマに出続けています。ブラボーです!

そこには、表にでない努力がもちろんあると思いますが、暦年齢をあまり意識しないで、気持ちを若く保っていると老化現象を引き寄せないようです。

~続く~

→バックナンバー

 

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。