離れていても、お母さんは愛してくれていた――。 今年最後に、この冬一番の感動をお届けします。 『麦子さんと』

離れていても、お母さんは愛してくれていた――。 今年最後に、この冬一番の感動をお届けします。 『麦子さんと』

誰もが親に会いたくなる珠玉のエンタテインメント

堀北真希が声優を目指すアニオタ女子に!
兄に松田龍平、母親に余貴美子、豪華映画スターが親子で共演。
この冬一番心が温まる、珠玉のハートフル・エンタテインメント。

《ストーリー》
とある田舎の小さな駅に降り立った一人の女性、小岩麦子(堀北真希)――。
アニメショップでアルバイトをしながら、声優になることを夢みている彼女は、亡くなったばかりの母の納骨のために、初めて母の故郷にやって来た。
そこで彼女は出会う人々から、次々に「彩子ちゃん!?」と声をかけられる。
彩子とは、彼女の亡くなった母のこと。若き彩子の姿に瓜二つである麦子の登場に、町の人々が一気に色めき立つことになる。なぜなら、数十年前、彩子はこの地のアイドル的存在であり、町中の憧れの的だったのだ。
偶然にも駅で麦子を乗せたタクシー運転手の独身男・井本(温水洋一)や、妻の夏枝(ふせえり)とともに旅館を営む春男(ガダルカナル・タカ)など、母のファンや母のストーカーそして母の親友…いい大人たちが誰もが青春時代の続き、と言わんばかりに、麦子の周囲で騒動を巻き起こす。
だが、麦子にとっての彩子は、幼い自分と現在パチンコ店で働く兄・憲男(松田龍平)を捨てて出て行った、最低の母親に過ぎなかった――

©『麦子さんと』製作委員会

 

12月21日(土)よりロードショー

『麦子さんと』

キャスト
堀北真希/松田龍平/余貴美子/温水洋一/麻生祐未/ガダルカナル・タカ/ふせえり/岡山天音/田代さやか

スタッフ
監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔・仁志原了

挿入曲:「赤いスイートピー」松田聖子(ソニー・ミュージック ダイレクト)

制作プロダクション:ステアウェイ
製作:ファントム・フィルム/ステアウェイ
配給:ファントム・フィルム

★公式サイト http://www.mugiko.jp/#top

★バック記事を見る→映画情報