女性初のジャガットグル(聖者の最高位)を持つ、聖者サイマー講演レポート

女性初のジャガットグル(聖者の最高位)を持つ、聖者サイマー講演レポート

去る11月30日、サイマーの「聖なる母の声に耳を澄ます、和の神々とつながる瞬間(とき)」というプログラムが行われ、MICHAEL Yukiさんが参加しました!その模様をレポートします。

後継者ジョーイ氏が語る
「サイマーとはどのような人?」

まず、弟子であるジョーイ・クライン氏より、「サイマーとは、どういう人なのか?」という話がありました。
ジョーイ・クライン氏は、13年もの間サイマーの弟子として教えを受けた後継者。
彼は、サイマーに出会うまで、若い頃は平和な心を持った青年ではなかったようです。満たされない日々を過ごし、「何か別の生き方があるはず」とずっと心に思っていた時に、たまたま友達に連れて行かれたサイマーのワークで、彼女からの高い波動を受け、目の前の闇が一気に取り払われたそうです。衝撃的な彼女との出会いから、彼は、その教えを受けて、「こういう人が居ることは、お手本であり、自分自身もこうなれるはず」という思いの元、修業を開始。一般的にいわれる「良い暮らし」が幸せなのだと思い込んでいる人たちが周りには多く、それを目標にして頑張っている人も、実際には満たされていないことが彼にとっては、ずっと疑問だったそうです。サイマーと出会い、「一生の仕事がここにある」と悟り、自分のなかに幸せを見つけることができた時、全てが変わっていったそうです。

次にスライドで、「満たされない」「エネルギーが欠けている」とはどういう状態なのかを図解でわかりやすく説明してくれました。

天からエネルギーが注がれているコードがハートにつながり、オーラへ光が広がっている状態が良い状態だそうですが、エネルギーが乱れたり、波動が低くなると、外からの影響を受けやすくなり、外に出ることが怖くなったり、攻撃されることに対する恐怖で、うつ状態になったりすることも図解で見せてくれました。
エネルギーだけでなく、脳のつながりもなくなると、「同じエネルギーの物を引き寄せる法則」に従うと、低いエネルギーを自分に対して引き寄せてしまうことになります。これは、エネルギーワークの基本となる部分の説明で、本当に明解でした。

サイマーより受けるディクシャで
平和な気持ちに満たされる

そして「ディクシャ」では、まずサイマーの写真を通してエネルギーを受け取ることを行いました。サイマーの目からエネルギーが出ているという説明があり、不思議なことに、サイマーの写真を見ていると、彼女の口元が「I Love You」と動いたように見えたのです。そして、なぜだかわからない、どこから来るのか、心の芯が温かくなるような感覚があり、私は自然と涙が流れ出ていることに気づきました。なぜ?という判断をしないで、そのエネルギーが溢れるままに任せていると、とても満たされて、幸せな感覚に体が熱くなっていました。

「ディクシャ」は、「光の環」というエネルギーを受け取る作業。もともとは、師(グル)が限られた側近の弟子だけにディクシャでエネルギーを伝えるのが伝統のようですが、サイマーは、ディクシャを通して、全ての人にエネルギー、愛を伝えることをしています。そのようなオープンなディクシャを行っているグルは、サイマー以外には1名だけ。となると、ディクシャ自体、特別なエネルギーをお裾分けしてもらっていることになる、本当に貴重なものです。本来、人はネガティブな種を溶かすことができ、小さな頃からディクシャを始めていると、種が芽生える前に、浄化の作業を行うことができるそうです。

いよいよサイマーがご登場!
アマテラスのエネルギーを伝えてくれる

サイマーが会場に現れ、アマテラスとのつながりについてマントラを通して伝えてくれました。今年は、伊勢神宮、出雲大社の遷宮が終わり、ちょうどアマテラスからのメッセージをサイマーが受けて、日本に伝えるのにピッタリのタイミングだったそうです。
アマテラスは女神的なエネルギー。今までは、外に出ていたものが隠されてしまう時代だったのですが、今こそエネルギーにつながって、日本に、大地に、周りの人に対して、愛を持って伝えることが大事だと説いていました。今回伝えられたビージャ・マントラ(種の真言)が、アマテラスのエネルギーとつながるのを助けてくれるとのこと。

マントラは、大きな声で唱えると良いそうです。次には、違ったリズム、目を閉じて声に出さないで、と変化しながら、どの位の間マントラを唱えていたことでしょう? どんどんとエネルギーが高まっているのを感じました。私自身、このディクシャをして、さらには、マントラを唱えることで、身体の感覚が変わるのをはっきりと感じました。最後に唱え終わって目を開けた時には、視界が変わって見えました。周りがキラキラと輝いているように見えて、平和な気持ちに満たされていました。


愛を通して、高い波動を伝えるサイマーという素敵な方に出会えて、心がとても温かくなりました。
「良いエネルギーの人たちが少しでも増えることで、世の中が変わっていく」といわれていましたが、本当にそうだなぁと思います。イライラしている人がいたら、そのイライラに影響され伝染してしまいます。ネガティブなものは早く伝わります。「愛のエネルギー」を伝えて行くことは、簡単なようで、なかなかそこまで早く伝わらないように感じます。
サイマーは、「愛」について「全ての人類が家族である」という言葉で表していました。純粋な愛が必要だと。このアマテラスのエネルギーを通して、日本がもっともっと沢山の愛のエネルギーに包まれたら良いなぁと思うセミナーでした。

取材協力:
サイマー・ジャパン www.sai-maa.com/ja