原田瞳さんインタビュー「宇宙の叡智を呼び覚ます スピリチュアルアロマ」 PART.4

原田瞳さんインタビュー「宇宙の叡智を呼び覚ます スピリチュアルアロマ」 PART.4

アロマによって自然界の叡智を呼び寄せ、至福を呼び覚ます、「スピリチュアルアロマテラピー」の第一人者である原田瞳さん。
Trinity WEBでも、大人気連載中の原田さんにインタビューをさせていただきました!

原田瞳さんは、「新時代のセラピーは癒しから目覚めへ」をスローガンに、2007年にスピリチュアルアロマの新メソッド「アロマエンライトメント・システム(R)」を創設しました。
アロマ自体は癒しのツールとして今や幅広く普及していますが、その叡智の深さは実はまだ一般的には知られていません。原田瞳さんが考える「アロマ」とは?
みなさんも、アロマの深淵かつスピリチュアルな世界を体験しませんか?

アロマから受け取るメッセージ

――アロマはあらゆるものとリンクしそうですね。

法則があるんです。全部たどっていくと、5エレメントは地球の秘密を表していますが、陰陽五行は地球にしかないので、地球の現実化のしくみとか私たちは地球でしか味わえない感情を味わっているわけで、感情の浄化のしくみとか、そこを超えて出会う叡智とか奇跡とか、それって全部五行で語れるところがあるのです。
その五行、自然界が教えて見せてくれるものが、神の世界なんです。
大地の父なる神と繋げる神の象徴なんですが、彼らは、本当は全部を見せてくれません。
そのガイダンスに気づいて、頭ではなくて、体感でそれを思い出した時に、シュルシュルシュルと色々なものが解けていったりします。

次のステージが開けてくるような感覚です。
夜明け、朝日が昇ってくる瞬間、春という感じ。
物事のプロセスは春夏秋冬ですね。そういう意味では春夏秋冬のサイクルというのも、冬は嫌だといっても必ず来るから、終わりのプロセスはやって来るし、そういう時に、人間は頭で、「これは好きだけどこれは嫌い」というものをつくってしまうので抗うのですが、それを抗わないで受け入れていくんです。
それを味わっていくと、波乗りサーフィンのように次の波が次のステージに連れて行ってくれます。
本当は、それに抗ったりコントロールすること自体、無意味だし、味わい尽くしていくんです。
いい悪いとかではなく、全部味わうようにプログラムされているというか。
だからもう、いい悪いではなくて、ブレることも大事だと思うんです。生きるってそういうことだと思います。
振り子のように、振れることです。
だから、物事の良し悪しはマニュアルではなく、中庸に見えた時に初めて、「腑に落ちる、知恵になる」ということなんです。

人生の本質は、5エレメントの人生の春夏秋冬を味わうことや冒険することだと思っています。
生きている限りはみんな現役じゃないですか。すばらしいスピリチュアルのマスターの方たちとか有名なヒーラーさんとかも含めて、みんな現役で地球を生きている。そういう意味ではこれで完成形っていうものはないし、常に新陳代謝をしながら、深く大きな英知に出会いながら、その都度磨かれて洗練された英知があって、良し悪しとか誰かの考えが正しいとか、違うという次元を超えていると私は思います。

――アロマから毎日受け取るメッセージは違うのですか。たとえばローズであっても、今日と明日ではまたメッセージが全然違ってくるのでしょうか。

違ってきます。微妙にニュアンスは一緒なんですけど、その時の落ち方が違うとか、ちょっと入り方が違うとか、わいてくる心情が違うとか、イメージが違う、思い出すことが違うと、瞬間同じ人っていないわけで、瞬間違うものを味わっている自分というのが、そのとき一番の反応を起こすんです。
エンライトメントって文学じゃなくて化学なので、エッセンシャルオイルの叡智に出会っているって、その出会いの化学反応がその時しか起きないことなんです。人との出会いでしか起きないものなんです。
そういう意味では瞬間、瞬間から出会えているし、その化学反応をいかに楽しめるかだと思うし、味わえるかだと思うし。

~つづく~

 

原田瞳(はらだ ひとみ)さん
株式会社クラルテ代表取締役
ヒーリングサロン&スクール ソワンソワン主宰
アロマボーテ表参道店主宰
ライフビューティーデザイン・クラルテ主宰

過食症などの克服の経験や、幼少からの神秘体験を通して、ヒーリングの世界へ目覚める。
青山の某サロンでエステティシャン&アロマセラピストとして活躍し、独立前から小会社数店舗のヒーリングサロン立ち上げや、女性起業家支援ベンチャー企業創業に携わる。
2003年に高いスピリチュアルな能力(透視・チャネリング・ヒーリング能力)を活かし、スピリチュアルカウンセラーとして独立し、ソワンソワンを創業。現在までに東京目黒に3店舗のサロン&スクールを展開。
「新時代のセラピーは癒しから目覚めへ」をスローガンに、2007年にスピリチュアルアロマの新メソッド「アロマエンライトメント・システム(R)」を創設。スピリチュアルアロマテラピーの第一人者。

 

★バックナンバーを見る→連載記事:原田瞳