Holistic Pregnancy ~代替医療からのアプローチ~

Holistic Pregnancy ~代替医療からのアプローチ~

ホリスティックの意味

以前、Holistic Pregnancy and Childbirth についての記事を読んだ事があります。
ホリスティックなアプローチとは?それに対しての答えを要約すると、

「様々な局面から自分を見つめること。それは、肉体であり、心であり、そして魂である。」
「自分の健康を考えた時、最も思いつくことは、肉体であり、その為にエクササイズや食事の摂り方をどうするかを考える。そしてそれに付随して、心(感情やストレス、人間関係)がある。」

「そして、最後に一番説明には難しい事だが、スピリチュアルという重要な要素が加わってくる」
「スピリチュアルと言っても、特別な宗教を持つという事ではなく、あなたの中の霊性について深く感じてみる事、それは新しいあなたであり、穏やかで平和的な時間が始まるのです」

「あなた自身が、この自然な身体のプロセスを信じること。マインドとスピリットは肉体と同等に私達の妊娠、出産に大きなインパクトを与えるものなのです。そう、あなたの自然な妊娠と出産の可能性を最大限にすることが出来るのです。」

スピリチュアルって言ったって…と思う方も多いでしょうが、母なる肉体の中に新しい魂が宿るというのは見えない采配をも含めて起こる事。

ホリスティックなアプローチ

アメリカの州によっては医師として認められているND(ナチュロパシック・ドクター、自然療法医)の存在もあり、また、西洋医学と共に代替医療が学べる体制を取っている医学部がいくつもある事から、アメリカでは代替医療、統合医療に向けた動きもあります。ここ10年程で代替医療のクリニックを利用しているアメリカ人率も増えているそうです。カリフォルニアは世界各地からの移民も多く、その地域性もあるでしょうが、様々な自然療法のクリニックがあります。

妊娠を望むから、というだけでなく、妊娠中の健康管理のひとつとして通う女性も多いのです。

私が出産直前までお世話になったのは、鍼灸と妊婦マッサージ。私自身がマッサージセラピストなので、妊婦の立場からマッサージを受けどう感じるか、体調にどう影響を与えるか、それらにも興味があって受けていました。私の経験からも、是非、世の妊婦さんには、妊婦マッサージお勧めです。

妊婦さんそれぞれ悪阻の症状も、体調不良も異なりますが、むくみやすく、身体がこわばりやすくなり、また運動不足、体重増加で身体も重くなります。リンパの流れに添ったオイルマッサージや軽く筋肉をほぐすことで、血流、代謝がよくなるので、お腹の赤ちゃんにとっても心地良いものです。
お母さんの感情を感じ取る赤ちゃん。お母さんがリラックスし、気持ちがほぐれると赤ちゃんにもその感情が伝わって行きます。

そして、鍼灸においては、まさに身体をホリスティック(全体的)に診てもらいながら調子を見て整えてもらっていました。
マタニティヨガクラスに参加した時、毎回最初に普段の生活の事や、質問、体調などを個々に話すのですが、私が鍼灸を受けていると言うと、その日のクラスで1/3のアメリカ人女性が、鍼灸を受けていると答えていました。

他にも、ホメオパシー、カイロプラクティック、ハーブ、アロマセラピーを取り入れているという妊婦さん達もちらほら。なんてことはない、普通の事、だそう。

こちらではいくつもの妊産婦さんの為のサポートグループがあり、マタニティに関する様々なクラスが開催されています。もちろん、出産準備クラスでは、こういった自然療法を生活の中に取り入れることを積極的に勧めるインストラクターも多く、私が受講していたクラスでもそうでした。

妊娠期間の食事と栄養についてのアドバイス。“例えば、日本の伝統的な食事のような”と、バランスの取れた食事を摂る大切さのレクチャー時には和食についてもインストラクターは触れていました。

アメリカに来て、食に関するワークショップに参加すると、大抵、健康的な食事例には”和食”が登場します。逆に日本では、特に震災後、放射能問題をきっかけに食事を見直す人も増えましたが、それでもまだまだ、逆にアメリカナイズされてしまった食事の多さ。これは婦人科系疾患の原因のひとつにも挙げられています。

ホリスティックな妊活とは言え、いきなりスピリチュアルなセミナーで内面を見つめる前に、まずは普段の生活スタイル、身近な所から見直してみられてはいかがでしょうか。