「東洋人に対しては、東洋的理論でタロットリーディングを行う」~鶴見明世さんの独自の解釈とは?

「東洋人に対しては、東洋的理論でタロットリーディングを行う」~鶴見明世さんの独自の解釈とは?

圧倒的な能力と、尊敬せずにはいられない人間力を備えた本物のヒーラー、鶴見明世さん。IAOH(国際ヒーリング協会)が日本人で唯一認定したヒーラーであり、メンタル・レスキューという新たな概念のセルフヒーリングを提唱しているサイキックシャーマンです。

鶴見さんの能力は、もちろん編集部でも十分実感していましたが、10月、11月と、限定で実施いただいたELAURA電話占いでの相談者さんの反響にびっくり!
「鶴見先生に何も言わなくても、相手のことがはっきり分かるみたいで、凄く当たっていてびっくりした!」「今の私の状況を、当たり前のようにリーディングしていて、何でそこまで分かるの?と驚きました」などなど、鶴見さんの高いリーディング能力にみなさん感動されたようで、能力が高い鑑定師の方が多くいらっしゃる中でも、ずば抜けて良いご感想を頂きました。
「鶴見さんのサイキックシャーマンの力を私も欲しい!」と鶴見さんご自身よく言われるそうですが、なかなかそれは難しい。しかし、訓練次第では、そもそも人間に備わっている第六感の部分を鍛え、シャーマニズムの英知を取り入れることで、第六感を開発することも可能です。

タロットの一般的な概念を捨てる

現在開催している、鶴見明世さんのタロットスクールも、目指すところは優れたタロットリーダーということだけではありません。
自然の叡智にアクセスをする訓練を続けながら、シャーマニズムに基づいた視点から物事を理解・判断し、いずれは時間軸さえも超越し、過去現在未来を操れるようになる……。スピリチュアル的成長を目指すタロットスクールなのです。

現在第3回まで終了し、来週11/30(土)に第4回が開催されます。
前回までに、大アルカナの意味の理解が終了し、次回からは1枚引きの訓練が始まります。タロットをすでに学んでいらっしゃる方、プロとして使っていらっしゃる方も参加されていますが、「もう知っていることを学ぶのは面白くないかも……」と思うことはありません。

例えば、鶴見さんのシャーマニズム的観点から見るタロットで解釈すると、「塔(THE TOWER)」は、一般的には「崩壊」を意味し、すべてが悪い方に進む、というようなネガティブなカードになりますが、鶴見さんの観点ではそのようにはリーディングしません。
そもそもタロットは、西洋的概念やキリスト教に基づく理論で構成されていますが、私たち東洋人が東洋人のクライアントを見る場合、そこに東洋的理論が必要になります。
だからこそ、鶴見さんのタロットリーディングは「当たる!」と言われるのです。東洋人を見る際の精度が、一般的な西洋的解釈よりも高くなるのです。

まだ、ご参加間に合います!
ご興味を持って下さった方、一緒に深遠なタロットの世界を学びませんか?

 

■詳細はこちらをご覧ください
http://www.el-aura.com/2013102208/