人生の感情のすべてを、音楽が表現する“本当の音楽映画” 『オーバー・ザ・ブルー・スカイ』

人生の感情のすべてを、音楽が表現する“本当の音楽映画” 『オーバー・ザ・ブルー・スカイ』

話題の映画の日本公開決定!

第86 回アカデミー賞®外国語映画賞ベルギー代表に選出された、大人気同名舞台劇の映画版が日本公開決定!

2013 年ベルリン国際映画祭ベストヨーロピアンフィルム受賞 、トライベッカ映画祭主演女優賞&脚本賞受賞に加え、同ベルリン映画祭にて観客賞第1 位を受賞し、世界の映画祭、観客に絶賛された本作。
カウボーイに憧れるミュージシャンの男とタトゥー・デザイナーの女―趣味も性格も違うオフビートな二人が出会い、そして家族となり人生の喜びを分かち合うが、一つの悲しみによって全てが変わっていく……。

二人の間に横たわる、相反する価値観、そして変わらぬ絆。彼らの激しい生き様を圧倒的な音楽に乗せてつづる愛の物語。

音楽が表現する二人の恋の物語

性格も好みも違うエリーズとディディエ。エリーズは、信仰心のあつい現実主義者。タトゥー・デザイナーで、店を開いている。自分自身の体にも様々な芸術的なタゥーを彫り込んでいた。
ディディエは、自由を追い求めるロマンチスト。ブルーグラス・バンドでバンジョーを弾き、ベルギー国内をキャラバンでまわっている。彼にとって、「自由の国=アメリカ」は理想の国だ。

そんな二人が出逢い、突然恋に落ちる。まもなくエリーズは天性の歌声を開花させ、ディディエのバンドで歌うようになる。音楽は二人の愛を紡ぎ、絆を固くしていった。
プロポーズ、結婚、そして子供の誕生。それは、型破りな二人にとって完璧な幸せだった。しかしやがて愛娘メイベルが重い病気にかかってしまうと、それまでの生活は一変し、二人の愛が試されることに―。

ソウルフルな音楽が溢れるなかで展開する、二人の男女の激しくも切ない恋の物語。オフビートな男女の愛と絆。生きるうえで溢れ出てくる感情のすべてを、音楽が表現する珠玉の音楽映画を体感してください。

 

2014 年初春、ユーロスペースほか全国順次公開!

監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
脚本:カルル・ヨース&フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
出演:ヴェルル・バーテンス、ヨハン・ヘルデンベルグ、
ネル・カトリッセ、ヘールト・ヴァン・ランペルベルフ

原題『The Broken Circle Breakdown』
提供:新日本映画社|配給・宣伝:エスパース・サロウ
配給:エスパース・サロウ 提供:新日本映画社

 

★バック記事を見る→映画情報