SAM前世療法士が贈る「魂の記憶たち」PART.10~ 絵が描きたい」アートセラピストを駆り立てている強い感情と衝動。

SAM前世療法士が贈る「魂の記憶たち」PART.10~ 絵が描きたい」アートセラピストを駆り立てている強い感情と衝動。

「古の記憶が明らかにする彼女の秘密

魂の声を聴くことに特化したカウンセリングを行っております癒しのマリアと申します。

アートセラピーを手がけている女性が、突き上げるように感じている「絵が描きたい」という強い思い。「どうしてこんなにも強く突き上げるのか?」疑問が明確になった面白い事例をご紹介します。

***************

N様は30代半ばの可愛らしい女性です。「絵が描きたい」という衝動が年々強くなっているとのこと。

「自分が手がけた絵を伝えたい」「色の世界を伝えたい」この強い思いは一体何なのか?「SAM前世療法を受けたらもっと自分の歩む道が明確になるのではないか」「アートセラピーを通じて自分らしい生き方がもっとできるのではないか」と考えるようになりセッションを希望されました。当初、彼女は催眠療法に全く興味がなく、むしろ避けていたそうです。

しかしSAM前世療法に導かれるように周りの知人や友人から「前世療法を受けてみたら?」「体験してみないと良いか悪いか判断できないよ」「催眠療法は良いよ」そんなキーワードを多く受け。「自分のことが分かるなら受けてみようかな」そう思い始めたのでセッションを希望したいと連絡がありました。

アートの仕事を手がけていらっしゃるN様は、感性が豊かなこともあり、催眠暗示に良く反応されていました。カウンセリング当初は催眠状態になることに不安を感じている一面もありましたが催眠誘導が始まると、すんなり魂状態まで行き着く事ができました。

人間は陰陽、光と影のような側面を併せ持っています。意識の反発が表に強く出ているのであれば、催眠に入ると受動的な面が強くなるので催眠誘導はスムーズに運びます。

顕在化した人格はN様の仕事を導いていると訴える13世紀に生きたイギリスの画家でありました。国宝として崇められるほどの壁画を手がけていたそうです。歴史と文化を融合し国家を挙げての重要画材として仕事を任されており、弟子のような学生にも教えていたそうです。手がけた壁画は長い年月を費やして行われるので、弟子に教えながら人生を画伯として生きたと訴えられていました。

しかし宗教争いによって戦いに巻き込まれ、この人格は無念ながらにこの世を去ってしまうのです。手がけている壁画が途中になっていること、作品が崩壊してしまったことを告げていましたから宮殿のような国宝級の建物に絵を描かれていたのでしょう。

「貴方が描き続けた作品は現在もイギリスに残っているのですか?」と聞いてみたとこと「残っている。完成しておらす途中になっている。」とも教えてくださいました。思いを寄せる女性もいたが自分は画伯であり、技術を受け継ぐ生徒を世に残さねばならない為「恋愛より仕事に生きた」と訴えられました。

その時の切ない思いは私にまで流れ込み、人格が抱えていた大きな仕事の責任と、自分が求める愛との狭間で揺れる切ない思いが伝わってきました。「貴方が思いを寄せた女性と今生で出会う計画をされていますか?」との問いには「Yes」でした。

N様が感じている、突き上げてくる「絵が描きたい」思いと「色の世界を伝えたい」この強い思いは、紛れも無くこの人格とシンクロ(自己内共時性)していました。このことは人格に訪ねなくても理解ができます。

「もっと絵を描きたかった」「やり残した絵の続きがしたい」そう訴える人格からはプロ意識、専門意識、自己使命を果たそうとする一途な姿勢が滲み出ていました。「このクライアントは貴方の意思を受け次いで絵を描く仕事に就かれています。どうか彼女の仕事を、もっと強くサポートして頂けませんか」そう伝え、無念な死を遂げた人格に魂の救済、スピリットヒーリンを行いセッション終了としました。

***************

催眠から戻られたNさんは「絵が描きたい」と思えること自体に、感謝の思いを寄せていました。「絵が描きたい」「色を伝えたい」その思いを大切にしてこれからは、より一層アートの勉強と作品作りに挑みたいとキラキラした眼差しで語られておりました。

後日、N様よりご連絡を頂きました。

SAM前世療法後、絵と詩を融合した「絵本」を作成してくことが決まり、益々アートの仕事に精を出しています。不思議なことに「この人」と思えるような素敵な男性にも出会うことが出来て、今とても幸せです。この出会いは「偶然とは思えません」と話されていました。これからのN様は、前世人格と共に益々仕事に励まれるのでしょう。多くの後輩者を残し、アートの作品も世に残されていくのだと思います。

***************

如何だったでしょうか。私たちは、前世の記憶を知ることで疑問が明確になり、視野が晴れるように未来が開けていきます。貴方にも存在する魂の記憶たち。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

癒しのマリアより愛を込めて。