愛情は人自体に最も近いものであり、人間的で美しく、また危険でもある「パリ、ただよう花」

愛情は人自体に最も近いものであり、人間的で美しく、また危険でもある「パリ、ただよう花」

テーマは愛

北京からパリにやってきたばかりの若い教師、花(ホア)。なじみのない街で彼女は様々な男と体を重ね、自分の狭いアパートと大学の間、かつての恋人たちとフランスで新たに出会った人々の間を漂う。ある日、建設工のマチューという男と出会う。一目で恋に落ちた二人は、激しく肉体を求め合う。お互い、秘密を抱えたまま…。

異なる人種や文化、暴力と優しさ、愛とセックスのはざまで揺れ動くある女性の”愛の問題”を描く、本作をもって5年間の中国国内での映画製作の禁止が解かれたロウ・イエ版『ラスト・タンゴ・イン・パリ』

原作は、リウ・ジエが自身の体験をもとに、インターネット上で発表した小説「裸」。ロウ・イエにとって初の原作作品だが、ロウ・イエはこの小説を映画化しようとした理由をこう語る。「僕が常に興味を持っている”愛”というテーマを、女性の視線で率直かつ正直に、人間的な視線で提示していました。愛は人間にとって日常的な問題です」
撮影は、ジャ・ジャンク―作品には欠かせない撮影監督、ユー・リクァイ。出演は、LOUISVUITTON、Dior、Yves Saint Laurentなど、トップブランドの広告等で活躍するフランス生まれの中国人モデル兼女優コリーヌ・ヤンと、ジャック・オディアール監督『預言者』(2009年)のタハール・ラヒム。中国から来た教師とフランスに住む建設工という対症的なふたりを圧倒的な存在感で熱演、「『預言者』以来のハマり役」(ル・モンド紙)と評された。

原作
北京出身フランス在住の作家リウ・ジエ(刘捷)の自伝小説で、もともとは新浪.com上で『裸(naked)』というタイトルで発表された。リウ・ジエがパリから『スプリング・フィーバー』製作中のロウ・イエに、「読んでみてほしい」と電話をかけてきたことがきっかけ。

脚本をリウ・ジエとロウ・イエ監督が共同で書き進める中で、『母狗(Bitch)』というタイトルに変わり、最終的にポスプロの段階で『Love and Bruises』になった。2011年12月に北京の出版社から刊行されている。

 

予告動画はコチラ→YouTube

『パリ、ただよう花』
■監督、脚本:ロウ・イエ
■脚本:リウ・ジエ
■撮影:ユー・リクウァイ
■出演:コリーヌ・ヤン、タハール・ラヒム
■配給・宣伝:アップリンク(仏・中国/2010年/105分)

2013年12月21日(土)より、渋谷アップリンク、新宿K’sシネマほか全国順次公開
公式HP→ http://www.uplink.co.jp/hana/

 
★バック記事を見る→映画情報