「神と悪魔」が覆る!? アニミズム的観点のタロットリーディング~鶴見明世さんタロットスクール第3回(後編)

「神と悪魔」が覆る!? アニミズム的観点のタロットリーディング~鶴見明世さんタロットスクール第3回(後編)

圧倒的な能力と、尊敬せずにはいられない人間力を備えた本物のヒーラー、鶴見明世さん。IAOH(国際ヒーリング協会)が日本人で唯一認定したヒーラーであり、メンタル・レスキューという新たな概念のセルフヒーリングを提唱しているサイキックシャーマンです。

タロットの一般的な概念を捨てる

1年間に渡って開催している鶴見明世さんのタロットスクール第3回目が、先日10月26日(土)に開催されました。このタロット教室は、1年後にスピリチュアル的成長を目指す本格的な内容。
鶴見さんはサイキックシャーマンの立場から、アニミズムの視点でタロットを独自の解釈でリーディングします。

前回、「タロットリーディングの際に、一般的な概念を捨てる」ということをご紹介しましたが、例えば、鶴見さんのアニミズム的観念から、No.15の「悪魔(THE DEVIL)」をリーディングした場合も全く異なる世界観が見えてきます。
特にヨーロッパでは、「悪魔」のカードは凶札とされ、正位置ではネガティブな意味を多く含みますが、スクールでは、その視点を外すことが大切だということを学びました。

突然ですが、皆さんは「悪」とは何をイメージしますか?
先日のタロット教室で挙げたのが、「黒」「たたり」「誘惑」などなど……。
それぞれ「悪」に対するイメージは異なりますが、「悪」とは、犯罪など法規に反するもの、というのが一般的なイメージかもしれません。
しかし、その「法規に反する」という部分が重要です。
もしも、「法規」がまだない時代は、悪とは一体なんだったのだろうか……。
考えられるのは、「自分自身の概念とは合致せず外れるもの」ということです。
例えばある犯罪を見た場合、もしも法規で裁くことができないならば、被害者にとっては悪でも、犯罪者にとっては自分の何らかの問題を解決するための「膳」かもしれないのです。
極論を言えば、「何が善で何が悪かは、立場や環境でガラリと覆ってしまう」ということです。

その観点から「悪魔」のカードを見た時にイメージする世界観は大きく変わります。
鶴見さんが仰るには、悪魔の羊の顔は「マホメット」を意味するとのこと。
タロットカードはキリスト教圏で発展しましたが、彼らにとって自分たちにとっては異質であるマホメットが「悪魔」であると捉えたそうです。
しかし、マホメットイスラム教の世界では、宗教者としてあがめられる存在。実はタロットの「悪魔」は、立場を変えると限りなく神に近い存在だったのです。

東洋人である私たちが「悪魔」を読む場合、そのカードの意味はキリスト教圏とは大きく異なります。正しいリーディングをするためには、東洋的視点を持つことが重要なのです。
東洋的視点で視た時の「悪魔」……果たして何を意味するかは、是非スクールに参加してください!
カードの1枚1枚はこんなにも深い意味を含んでいたんだと感動します。

これまでタロットを学んだことがある方にとっても、鶴見さんの独自の解釈を取り入れたリーディングは、きっと目からウロコ。
深淵なアニミズム的タロットリーディングを一緒に体感しませんか?

 

■詳細はこちらをご覧ください
http://www.el-aura.com/2013102208/