「感情の体」=「アストラル体」~神尾学さん11月セミナー入門コース No.2「アストラル体」

「感情の体」=「アストラル体」~神尾学さん11月セミナー入門コース No.2「アストラル体」

TRINITY Vol.48のエナジーバンパイア特集で、エナジーバンパイアに自分がならない、そして相手からも被害を受けないためのアドバイスを下さった神尾学さん。11月のセミナー開催が決定しました。ご興味がある方は是非ご参加ください。

注目が高まる「アストラル体」とは?

人間には、肉体以外に見えない多重の身体が存在することは、今では科学的常識に囚われない多くの方々にとって、新たな常識となっています。
人間が多重の身体をもつことは、もとを正せば世界中の宗教的伝統で語られてきたことでしたが、唯物科学の発展に伴って頭ごなしに否定され、一般には忘れられてきました。そうなってしまった主要な原因は、それらが通常の五感を超えた超感覚的認識によってしか捉えられない世界(界層)に存在するため、どうしてもそれらの教え・概念があいまいになってしまい、科学的思考に慣れてきた近代以降のリーダーたちの信頼を勝ち取ることができなかったからでした。
その弱点を取り除き、科学的水準にも耐えられるものとして、それらの教えを統合・整備し、再構築・体系化した頂点が、神智学とそれに続くアリス・ベイリーの教えです。
なかでも、アリス・ベイリー著『秘教治療』には、病気およびその治療に絡めて、それらの諸体の関係が詳細に語られており、今では欧米の最先端の研究者たちの必読書となっていて、それを解読することによって、新たな画期的発明・発見が次々と生み出されている、という状況が生まれています。日本には、ほとんど伝わってこない情報ですが・・・
そのような状況を踏まえ、「エソテリック・ヒーリング(EH)連続講座」を月1テーマずつ計12回、1年間のコースとして行っておりますが、初めての方には情報量が多すぎ一度に吸収するのが難しい、という声をうかがい、今年から新たに始めたのが「神智学入門コース」で、今回は、先月の「エーテル体」に続き、2番目に肉体に近い「感情の体」=「アストラル体」を取り上げます。
現在の人類の病気の第一の原因は、(個人に注目して見た場合)感情的ストレスにあると言われており、心身の病気原因を根本から取り除くには、この身体に対する理解が不可欠です。
これを機会に、神秘の世界を信頼できる情報をもとに、一緒に学んでいきませんか?

 

開催日: 11月1日(金)
時 間: (午後の部) 14:00 ~ 16:30
(夜間の部) 18:30 ~ 21:00
(2回とも、同じ内容です。ご都合の良い時間帯の方に、ご参加ください。
(EH連続講座の方は、神尾のHP:「ホリスティック・リーディング」
http://holisticreading.com/ のスケジュールのページを、ご参照ください。)
参加費: 一般 3,000円、会員 2,000円
会場: 神明いきいきプラザ・4階(表示は、「エソテリック・ヒーリング」です。)  03-3436-2500
JR山手線・京浜東北線 浜松町駅 北口 徒歩4分  /  地下鉄 大江戸線・浅草線 大門駅 A2番出口 徒歩3分

■お申し込み先
yahuvmh@f4.dion.ne.jp
℡ 03-3672-8473

 

神尾学さん
東京大学工学部・教育学部、同大学院(体育学・健康教育学専攻)修了。
各種身体文化および健康法・代替療法の研究・指導に携わる中で20年ほど前に神智学に出会い、現在が人類史的な規模の大変動の時期であることを知って、その研究・啓蒙活動に入る。以前には、プラニック・ヒーリングの普及にも協力。現在は、エソテリック・ヒーリングに腰を落ち着け、「秘教」と「治療」の両面から、その解読に専念している。
著書に『秘教から科学へ』(出帆新社)、『人間理解の基礎としての神智学』『未来を開く教育者たちと神智学』(コスモス・ライブラリー)などがある。

■TRINITY Vol.48の詳細はこちら
http://www.el-aura.com/2013092602/