ソウルメイトを探し求めて〜PART.15「ツインソウルとの結婚は幸せ?」

ソウルメイトを探し求めて〜PART.15「ツインソウルとの結婚は幸せ?」

人のご縁は、生まれ前から決まっている
~あなたがソウルメイトと出会うまで~

もしも、あなたが心からソウルメイトと出会いたいと願うのであれば、「自分自身がなぜ、この世に誕生したのか」を知ることから始めないと、次のステップに進めません。
過去生でどのような学びを行って来たかによっては、若いときに再会し、結婚することもありますし、離婚して、再婚相手がソウルメイトだったりすることもあります。

また、お互いが別々の家庭を持ち、現世ではソウルメイトと一緒に家庭を持たないこともあります。
もっと、遅くに結婚するケースもあります。早く結婚をする人もいれば、遅く結婚する人もいます。また、一度だけの結婚だけでは学べない魂もいますし、他のソウルメイトと学ぶために、カルマメイトと結婚し、魂の成長がある一定のレベルまで来たときに、ソウルメイトと再会して、結婚、事実婚、同棲などへの流れに到達することになります。
一人、一人が異なった魂のレベルアップをするために、「現世ではこの人と家族を持つことで、あなたが繰り越して来た課題」を学ぶことが出来ます。
やみくもに生まれ変わってはいません。

何度も繰り返し生まれ変わって、一緒に経験を積んで来た仲間達のなかから、現世では親子になったり、兄弟になったり、夫婦になることを決めて来ています。ソウルメイトのなかでも、「運命の人」として、この事を学ぶためには、「この人」が良いだろうとスピリチュアル・ガイドも含めて、ソウルグループと一緒に決めて来ています。

運命の人は1人ではありません。
現世での使命を果たすために、約束した人は複数います。ですから、安心して、「自分自身の使命・カルマの清算」を遣ろうとすることで、あなたが決めて来た「運命の人」と再会できるのです。

また、ツインソウル(双子の魂)と出会いたいという人もいらっしゃるでしょうが、その魂の片割れは、あなたそっくりの感覚を持つ人になります。
三つ子のソウルメイトというケースもあります。片割れであるツインソウルと伴に、現世で人のため、世の中のため、社会のため、地球のために何かしたいと本気で願って生まれて変わっている場合は、あなた自身がすでに社会のため、他者のために何かお役に立つことを行っていれば、自然な流れで焦らなくても「運命の人」と再会します。

ただ、ツインソウルと結婚すると、自分の長所が相手と似ていますので、その部分を伸ばすことが出来れば、理想のカップルになります。
しかしながら、ツインソウルと結婚しても、お互いのマイナスな部分に目を向けてしまうと自分が二人いるように感じて、辛くなるケースもあります。結婚した事がある方は理解できると思いますが、ソウルメイト=結婚相手と一緒になったから、ロマンチックな生活が約束されているということはありません。

あなたの短所である部分を伴侶である人から指摘されたりすると、「そんなことはない!」と否定したりしたことはありませんか。
また、相手の欠点を「あなたは我侭だ!」「気遣いがない!」と思ってしまったりして喧嘩のときに、口にしたことはありませんか? 運命の人と出会った瞬間に自分を幸せにしてくれる人ではなく、一緒にお互いの未発達なところを克服して、成長していく相手こそが、「運命の人」なのです。

あなたが成長することで、ソウルメイトもしっかりと成長できます。
最後に余談ですが、天皇皇后両陛下はまさにツインソウルの代表カップルと思えます。
人間としてお互いが成長でき、相手が現世のあなたにとって最適なソウルメイトであれば、多少の短所も長所に見えて来ることでしょう。
お付き合いが長い期間、短い期間は関係なくして、あなたと相手が成長でき、尚且つ、満足した関係を築くことが出来る人がソウルメイトとして、現れることをお祈り致します。
ありがとうございます。

 

すべての記事を見る

連載:ソウルメイトを探し求めて