菅原千春の空を見上げて~2013年10月19日 - 牡羊座の満月~

菅原千春の空を見上げて~2013年10月19日 - 牡羊座の満月~

お月見のススメ

今回の記事は前回の魚座の満月に引き続き、サンフランシスコよりお届けします。
日本時間10月19日8時38分、牡羊座で半影部分月食(日本国内からは観測不可)を伴う満月が起ります。

*参考リンク「The Moon Age Calendar」http://www.moonsystem.to/

10月:Hunter’s Moon(狩猟月)Harvest Moon(収穫月/先月の満月)の後の最初の月はHunter’s Moon(狩猟月)である。夏の間に太ったシカやキツネを狩るのに適した月であるため、このように名付けられた。Harvest Moon(収穫月)と同様にHunter’s Moon(狩猟月)も特別に明るく、照らす時間も長い。狩猟者は、夜でも草木の枯れた原野で隠れることのできない獲物を追跡することができる。ほかには、Travel Moon(移動月)やDying Grass Moon(枯れ草月)という名前もある。
(*上記、以下リンクよりそのまま抜粋)

*参考リンク「宇宙−満月:その12ヶ月−ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト」
http://www.nationalgeographic.co.jp/science/space/solar-system/full-moon-article.html

満月は、新月から始まった新しいサイクルのエネルギーが満月を迎える時に最高潮に達す時、全てを大きくするエネルギーですから、気の合う人と楽しい時間を過ごしたり、新月に書いた願いごとの結果を受取るに相応しい日。「達成」や「完了」のパワーがピークに達します。新月に書いたアファメーションを読み返すなどして、叶っている場合はもちろん、叶っていない場合でも「叶う課程」にあることに感謝をして過しましょう。 憤りを感じたり、イライラしたり、言い争いやケンカはNGですから気を付けてくださいね。

また、浄化に適した日ですから、パワーストーンはもちろん、様々なスピリチュアルグッズを満月のパワー、月光浴などで浄化しましょう。月の光に当てなくても、外気に触れさせるだけで、大気圏に満ちた満月のパワーが浄化してくれます。満月毎の習慣にされると良いですね。

ネガティブな感情や心と思考の不要なものを手放すことにも絶好の機会です。ぜひ瞑想などを取り入れた自分なりの「解放」を心掛けてみましょう。新月に向けて欠ける月のサイクルと一緒にダイエットを始めると言うのも良いアイデアですよ。

今月の満月が起る牡羊座は、十二星座一番最初の星「目覚め」と「再生」を支配しています。「自己主張の星」火星を守護星に持つ牡羊座の満月で手放したいテーマは「優柔不断」と「他人の評価に振り回される自分」。ついつい考え過ぎて、自分の心の求めるものに従っていないと感じる事が多い方は自分の内側から湧くパッション(情熱)を大切に、follow your heartな行動を心掛けると良いでしょう。

他人の評価を気にするくらいなら、情熱と行動力をどう発揮するのか?それらを妨げる要因となりうるものは何なのか?を考え、ひたすら成功に向って突き進む!目標を定めたら、最終ゴールに行くまでの課程に、いくつもの小さく短いスパンでのゴールを設ける。いくつもの小さな成功、ゴールへの到達を経験することで自信とモチベーションをキープしましょう。

また、何でも「勝ち負け」で考えたり、「自己中心的」過ぎて「他人への配慮に欠ける」、「強引」「うぬぼれが強い」「すぐに白黒つけたがる」なども、ぜひとも手放したいテーマです。これら、自身では分かり難いかもしれませんが、普段からの自分の言動や行動、何にムキになるのか?(極端に反応してしまう)などをしっかりと見極めていると、月の力に自己の成長を促すサポートをしてもらえます。

10月21日から11月11日まで水星が逆行します。新しいことをスタートさせるのであれば、次の11月3日の蠍座の新月まで待ちましょう。10月8日、金星が蠍座から移動、11月5日まで射手座に位置します。この時期は金星が支配する「美」「恋愛」「人間関係」「金銭」などにうれしい変化があるかもしれませんね。

満月瞑想では「ありのままの自分を肯定する」「自らを信じる(自信を持つ)」「自力で道を切り開く」「ノーと言える自分」など、月の力に味方になってもらい『なりたい自分』のセルフイメージを脳裏と心にしっかりと刻みましょう。また、月食を伴う満月は潜在意識下にある「欲する感情」が沸き起こりやすく、新たな「気づき」を得ることも。普段、知らず知らずに我慢していたこと、本当はもう我慢したくないことなどが出て来ちゃうかも?そして、その感情は現在のパートナーシップに何らかの影響を与えることも。沸き起こる感情は一度ありのままに味わい、それから冷静に見つめることも大切ですよ。

金星を守護性に持つ牡羊座の満月は「好きなものや人」に囲まれ、「楽しいこと」をして過しましょう。
今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。