SAM前世療法士が贈る「魂の記憶たち」PART.5~子どもを深く愛せない、体調不良を乗り越えて自分の使命を感じたい(後編)

SAM前世療法士が贈る「魂の記憶たち」PART.5~子どもを深く愛せない、体調不良を乗り越えて自分の使命を感じたい(後編)

未浄化霊のカウンセリング

魂の声を聴くことに特化したカウンセリングを行っております癒しのマリアと申します。
今回は前回の続編です。前編のコラムはこちら

PART.4の前編は,暗示性が良好であったクライアントHさんが、魂状態へと深化していく途中で未浄化霊からの訴えが起こり、この未浄化霊とカウンセリングを行った風景をご紹介しました。今回はその続きです。

***************

一連の作業を経て無事に光の世界に戻られた未浄化霊がHさんに“ありがとう”そう伝えているのでは?と感じた時には、既にあれほど流れていた涙もすっかり収まっていました。その後、潜在意識を宿した指に、「さあ今度は魂の状態まで戻れますよ。お願いします。導いて下さいね」。そうHさんの潜在意識に促し魂の状態まで戻っていただきました。

Hさんに訴えのある前世人格を呼び出す為に、「このクライアントに一番影響を与えている。そういう方がHさんの魂の表層にいらっしゃると思いますから、3つ数えたら交代してください」、そう問い掛けました。

すると潜在意識を宿した指がピクリと反応し私の問いに答えてくれました。
「あなたは男性ですか、それとも女性ですか?」の問いには、「女性である」との回答でした。
続けて質問していく中で顕在化した前世人格は現在の九州、宮崎に生きた高千穂の巫女であると告げました。「この人格は巫女として天照大神を祀る儀式を執り行い、生涯を巫女として全うした」、そう教えてくださいました。
また腹部に病気を患い53歳でこの世を去ったとのことでした。「まだまだやり足りない。もっと巫女としてやりたいことがあったのだ」。
この巫女である人格は切ない胸のうちを強く訴えられました。

自分の後を引き継ぐ者を育てる為に神事を教えていたこと。もっともっと神に尽くし困っている人の支えになりたかったこと。自らの思いを強く訴えるこの人格を感じるとセッションをしながら私の胸も熱くなり涙が込み上げてきました。
その他、天照大神のお話や今年2013年は伊勢神宮と出雲大社の遷宮が重なる年であることなどを話していると、この人格が今も尚、神に祈る儀式をしたい気持ちが強いことが伺えました。あなたはHさんに自分の存在を訴えておられましたか?と問うと、潜在意識を宿した指がピンと立ち、「訴えていた」そう告げました。

Hさんはインテイク中に7年程前に体調を崩したと言っておりましたが、もしかしてあなたがこのクライアントに、「自分の存在を強く訴えておられたからですか? そう理解して良いでしょうか?」、そう聞いてみました。
すると潜在意識を宿した指は激しく動き、「訴えていた」そして、「もっと神に祈るように、人の為に生きるよう努めるように」とHさんに向けてメッセージがありました。
その他、当時の神事の様子や巫女さんと呼ばれている存在の方々に、「どんな力があったのか?」と聞くことができ、私にとっても刺激的な学びとなりました。

「それでは後で、このクライアントには、あなたの存在がHさんを強く導いていること、神に祈るように、そして人の為に力を尽くすようにと良く申し伝えますから、あなたは魂の表層に戻られて、今まで以上にこのクライアントを守り導いてください。よろしくお願いします」、そうお願いし今回の前世療法を終了とさていただきました。
前世療法後のHさんは今まで霧がかかっていたような漠然とした不調和を伴う過去が紐解け、体も心も軽くスッキリした。そう話されておりました。後日クライアントHさんより前世療法の体験談とセッション後の変化についてフィードバックを頂きましたので抜粋してご紹介させていただきます。

クライアントからの感想

前世療法を受けるか迷っていた時、先生のアメンバー記事を読んで、読むたび毎回胸がドキドキして気分が悪くなり、私に出来る事はないのかと、考えさせられていました。私の誕生日に自分が変わらなければ人を救う事はできない。
今私に出来るのは、前世療法を受けて、自分を変えてみることだと決心しました。
それからが、大変でした。
前世療法を受けると決まってから、体の調子が悪く頭のもやもやが、あったりで早くなんとかしてーなんて思っていました。
そして当日、先生と話し始めてから、 胃の痛みがだんだんと強くなり、そして視界が曇っていて、不思議に思っていました。受けている最中は、不思議な感覚でした。先生が天照大神の話しをした時全身に鳥肌がたちました。
終了後、胃の痛みは無くなり視界もスッキリしました。 7年前に体調を崩し、何故だか分からないけれどよく1人で麻賀多神社に行っていました。
そこは、稚産霊命が祭られている所で、天照大神とは、姉神になるそうです!
(昨日ネットで調べて分かりました)
その頃から、日本神話が気になり勉強してみたいと思ったのですが、 なかなか勉強する意欲がなく、気になった神様をインターネットで、調べる程度でした。いろんな事が繋がったみたいです。
前世療法を終えて帰宅すると、いつも見ている子供達の顔が愛おしく感じました。娘に対して気持ち悪いと言った感情もなく、 すんなりと受け入れる事ができいつもの自分が別人のようでした。 一皮剥けた感じです。

***************

いかがだったでしょうか。前編・後編にかけてお伝えした前世療法の奥深さ。読んでくださったあなたにも起こっている魂の記憶たち。あなたの前世人格も、あなたに何かを訴えているかも知れません。魂の声を聴くことで今まで解消し得なかったことがスーッと消えていく。前世療法ができること。まだまだ無限大です。
前編・後編と、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
皆様の現在と未来がより一層輝き、愛を感じながら過ごせますように。
癒しのマリアから愛を込めて。