「母親になるということ」~妊娠の手段とは?カリフォルニアの妊娠事情とは?

「母親になるということ」~妊娠の手段とは?カリフォルニアの妊娠事情とは?

赤ちゃんがほしい気持ちに素直になる

カナダ在住時、クリニックで多くの30代〜40代の妊産婦さん、不妊治療中のカナダ人女性へのトリートメントを行っていた事がきっかけで、これからは女性の為のアロマやマッサージケアに重点を置いて行きたいと考えるようになりました。

そして、カリフォルニアに引っ越して来てからも妊産婦さんへのケア、ベビーマッサージを通して、色々なお話が聴ける機会も増えてきました。
不妊、不育の原因は様々で、一昔前なら、「赤ちゃんが出来ない=女性に問題がある」というような風潮でしたが、医療が発達し、決してそれが女性側だけの問題ではないことが分かってきています。

私の住む地域で発刊されている日本語のフリーペーパーの企業広告のなかには、「卵子提供者募集」という記事も掲載されています。
聞いた所によると、在米の日本人夫婦だけでなく、日本からも治療に来られ、こちらで卵子の提供を受け、治療後、無事妊娠が確認できればそのまま日本に帰国されるご夫婦もいらっしゃるとか。

最近は不妊治療をしてお子さんを授かったという話も身近で聞く事が増え、以前に比べて日本でも不妊治療に対して肩身の狭い思いをする事も減ってきているように感じます。
”赤ちゃんが欲しいのに、その手段のひとつである不妊治療を受ける事に引け目を感じる必要ないじゃない!” ……その通りです。

勿論、治療を行うにあたって、妊娠するのは女性なので、たとえ男性側に問題があったとしても、女性側にどうしても心身の負担が多くのしかかります。そして、どちらかだけのコンディションが良かったらいいのではなく、夫婦の協力と理解が本当に必要なのです。
そういう意味でも、治療をされているご夫婦には頭が下がる思いです。

私もアメリカの(カリフォルニアだからかもしれませんが)マッサージやベビーマッサージのクラスを通して周りのアメリカ人のオープンさに驚きます。卵子もしくは精子の提供、ありとあらゆる不妊治療、代理母出産、養子を迎える等の話。

妊娠事情を見ていると「親となる為の選択肢が多いというのも羨ましいな」なんて思います。
しかし、私のアメリカ人の友人のお姉さんは同性愛者で、精子バンクから選び子供を出産したと聞きました。「お姉さんは子供達が成長してお父さんの事を聞いて来たらなんて説明するの?」と聞くと、「私じゃないからわからないけど、きっと全てを説明するんじゃないかな」と友人から返事が返ってきました。

ベビーマッサージのクラスを受講中。クラスで練習のために来て下さったママさんと赤ちゃん。それぞれのママさんが出産時の体験談を含めて自己紹介。1人のママさん「この子は精子ドナーで産まれたの!元気な子なのよ〜!」とあっけらかん。先生も他の生徒さん、ママさん達も、「あなたラッキーね〜!」と。(とってもかわいい赤ちゃんだったのです)
え?!そんな事話していいの?!日本だったら絶対こんな風に話さないよ〜! と1人動揺が隠せなかった日本人の私。
日本でも、試験管ベイビーと言われた女性が成人し、結婚され出産されています。きっと、10年、20年と今の子供達が成長する頃には私達の持つ概念すら変わっているのかもしれませんね。

赤ちゃんを授かるために

先日、お母さんのお腹の中で育つ赤ちゃんの記事について読みました。妊婦さんはお腹の中で赤ちゃん(自分の子供)を育てるだけでなく、孫まで作っているんですよ、という内容。
大まかな流れをお話すると、卵子というのは赤ちゃんがお母さんのお腹に居る時に臓器が出来上がる過程で同様に卵巣には数百万の卵子が作られています。(厳密に言えば卵子を育てる原子卵胞が数百万作られています。)

そして産まれて来て、年頃になり、生理が始まる頃にはその数がすでに数十万に減っており、そこから更にその残った卵子が排卵されるという流れ。そして、生理の周期で約千個の卵子が減って行きます。卵巣に卵子は残ったままではないのです。
という事は、世の中の妊婦さんは、お腹の子が女の子だった場合、すでにその女の子の卵子まで作ってあげている事になります。

私がアメリカにあるマクロビオティックの学校に通っていた頃、そこでも妊娠、不妊について先生から話を聞きました。学校で学ぶのは「食を通して」のものなので、口にするものが知らないうちに、あなたを不妊にしているのでは、という話。(またこの話は別の機会で書きたいと思います。)

「ボディ、マインド、スピリットは繋がっていて、そしてお互いに作用する」私が幾度となくマッサージとアロマセラピーの学校で聞いてきた言葉。最近、この言葉を本当に実感しています。

アロマセラピーが妊娠に直結する訳ではありませんが、植物から抽出された精油にはホルモンや感情に働きかける作用があります。心身のリラックス、身体の代謝をあげる、身体を温める、これらも妊娠する身体作りの為にも大切です。精油を使ってのトリートメントは身体や心の癒しに繋がりますが、それだけでなく、魂の癒しも大切。
赤ちゃんを授かる為に発達した医学を利用するのもひとつですが、その為の身体作りは母になる女性の意思ひとつで変わってきます。マッサージセラピストの立場から女性が更にハッピーになるためのナチュラルケアや妊娠を願う女性へのお話をしていきたいと思います。