宇宙とレストランの違い~あなたが信じるモノをあなたが見る~

宇宙とレストランの違い~あなたが信じるモノをあなたが見る~

あなたが信じるものをあなたが見る

宇宙を100%信頼すれば、叶わない願いなんてない。

 

創造者であるあなたが、【叶う】を100%信じるんだから、それが現実に成る。

当然だよね。

 

だけど、僕たちは宇宙を疑ってしまう。

「こんな料理を注文した覚えはない、宇宙の配膳機能を疑うぜ。」

「恋愛を望んだのに、失恋なんか運んできやがって、宇宙の神経、疑うぜ。」

 

まぁ、なんだかんだで、宇宙を疑う。

あなたが、宇宙を100%信頼できているかどうかは、あなたの普段の言葉に耳を澄ませば、すぐにわかります。

 

宇宙を信頼しているトキに出る言葉は、ありがとう。

宇宙を疑ってるトキに出る言葉は、てやんでべらぼうめ。

 

宇宙を100%信頼できていれば、あなたの願望は100%叶うのに、江戸っ子になっちゃう。

 

デラックス

「てやんでべらぼうめ!理屈では分かってんだけど、こちとら、実践が出来ないんでぇい!」

 

「真にわかってないから、疑っている」ということすら、分かっていない。

 

まぁよいまぁよい、町民の娘よ。

今日はこのトウヤマノ金さんが、もう一つ新たな気付きをシェアしようじゃないか。

 

一昨日の記事で、レストランの機能で例えることで、宇宙の唯一の仕組み【あなたが信じるモノをあなたが見る】を説明しました。

 

○何度も何度も注文を疑ったせいで、提供が遅れたゲスト・ラン。

○何度も何度も【叶う】を疑ったせいで、願望が決願しないあなた。

 

我ながら、あっぱれな例えでありましたが、宇宙とレストランには大きな違いが一つあります。

 

決定的な違いが。

宇宙と、レストランの違い。

それは【注文システム】の違いです。

 

レストランでは、ピンポーンって押して、言葉で伝える。

 

一方、宇宙は、あなたが、想像した瞬間に、すべての注文システムが完了!

 

さすが、宇宙!!!

ガストの100倍は簡易な注文システムを開発済み!!!

 

 

この、注文システムの違いが、あなたに誤解を与え続けた元凶かもしれません。

だって、想像した瞬間に注文が完了するんだよ?

想像が注文なんだよ?

コトバ、要らないんだよ?っていうか、コトバ、わからないんだよ?

 

ということは、あなたが、「願いが届いてないかなー」って、願いが叶わない場面を想像したらそれ、立派な注文だからね!!!

 

注文、完了しちゃうの。

 

【疑い】は、直結で、【叶わない】にくっつくの。

『叶わないんじゃないかなー』は、あなたの立派な願いなの。

叶わないで欲しいとあなたが注文しているの。

 

宇宙の大親分である、あなたの、立派な注文だよ?

宇宙が断る訳ないじゃん。

 

 

「私の願いは、100%届いている」と宣言しよう。

宇宙を100%信頼すれば、叶わない願いなんてないんだから。