ハイヤーセルフの視点~目の前の景色を想像できる?~

ハイヤーセルフの視点~目の前の景色を想像できる?~

「自分」を入れずに楽しむ方法

まず、心を静めてください。

で、目を瞑ってみてください。
あなたが、今いる場所以外の場所で、普段よく行く場所を想像してみてください。

例:おうちにいる人は、職場をイメージしてみましょう。

職場のデスク、壁紙、フロアー、上司、同僚、後輩、・・・。
今、あなたは、職場を、リアルにイメージできました。
その、イメージした時の感覚を覚えといてください。

で、そのまま、目を開けてください。
今度は、目を開けたまま、目の前の状況をイメージしてみましょう。
わたしが居て、ちゃぶ台があって、テレビがあって・・・・。

それが、ハイヤーセルフの視点です。

目を瞑って、ある風景をイメージする時、「自分」を主体とした想像はしていません。

なんか、こう、ドラマとか映画みたいな感じで、全体的に見ています。
だって、職場の上司を、上から眺めていたでしょ?
そこでは、自分が、一つの風景として溶け込んでいます。

一方、目を開けると、一瞬で、自分目線に早変わりします。
「自分」という枠を通して、この世界を楽しんじゃってるのです。
目線だけじゃなく、「自分」という価値観や観念も通して、この映画を楽しみます。
それは、それでOKです。
だって、そんな楽しみ方をするために、この世に生まれてきましたから。

「自分」を通して、世界を楽しんでやろうって思って、そこにあなたは来てますから。

ただ、たまには、上から見てみるのもオツなもんです。

だって、あまりにも現実に没頭しすぎて、上手く楽しめていない人も居ますからね。

そういう人におススメなのが、上記のメソッドです。

目の前で起こる風景を、イメージしてみるんです。
別の場所をイメージした時と、同じ感覚で、目の前の風景をイメージしてみてください。
わたしが居て、机があって、あなたがいて、ライバルがいて、好きな人が居て・・・。

ただ、それだけです。
映画のワンシーンみたいなもんです。

目の前を、目を開けたまま、想像できたとき、気が楽になります。
あまり「自分」を入れずに楽しむ方法です。

まぁ、このやり方、100年以上前に、宮沢賢治が「雨にもマケズ」で説いていた手法です。
雨にもマケズ、風にもマケズ、
・・・、あらゆることを、自分を勘定に入れずに、よく見聞きし、わかり・・・、
やってみてください。

ココロがフッと楽になります。