「幸せタイムリー~幸運を引き寄せ運勢を好転させる方法」~運を強化し、願いを叶えるキーポイント PART.16

「幸せタイムリー~幸運を引き寄せ運勢を好転させる方法」~運を強化し、願いを叶えるキーポイント PART.16

~妖精との対話 「Break Free」“自由への旅立ち”~

「Break Free」このテーマは、今は亡きフレディー・マーキュリー率いる、殿堂入りロックバンド「クイーン」の大ヒットソングです。
女装したメンバー達のPVは最高!パロディ満載のPVでした。

この曲の内容とは全く関係なく(笑) “妖精”という言葉から「自由」「解放」「遊び」といった言葉がすぐに頭に思い浮かびます。
数年前、スピリチュアルに目覚め始めた頃、最初に天使を信じるようになりました。天使という存在は、ドラえもんやトーマス(両方とも大好きです)のように人工的に作られた存在ではなく「本当に存在する!

日々、人間のそばにいて、守り、導き、メッセージを与えている!」心からそう思えたのです。実は、誰でも、天使体験をしています。
その当時は、天使に関して学びたい、天使体験や情報を知りたいという気持ちでいっぱいでした。でも、当時のわたしの最大の悩みは、スピリチュアルや天使に関しての話しを誰にも打ち明けられないことでした。

「天使は本当にいるよ!」と言っても、きっと誰もが「何を言ってるの?子供だましに過ぎないわ」とか「本当にそんなことを信じているの?」と、批判やからかわれてしまうかのどちらかに決まっていると思ったからです。
「このことは誰にも言えないわ。でも、私は天使の存在を信じる!」と天使への興味は増すばかり、ひとり密かに、天使を追い求め、摸索する日々が続きます。 ある日、書店の「天使コーナー」に目がとまり、ドリーン・バーチュー博士の「天使体験」を手にとりました。無我夢中で読んでいる私がいました。

その時、やっと、やっと、心の底から追い求めていたものに出会えた安堵感で心が満たされました。これこそ、私が追い求めていた世界だ!その後、オラクルカードの存在を知りました。
「わたしは、エンジェルの話しが出来る友達がほしいと思っています。(当時は、天使やスピリチュアルに目覚めていることは、家族、友達など誰にも言えませんでした。) また、大勢の人に、エンジェルの素晴らしさを知ってほしいとも思っています。 こういったスピリチュアルなことに目覚め、学んでいることを、周りから認められる環境であればいいと思っています」 オラクルカードに、こういった質問をすると、何度も「MANIFESTATION」(現実化)のカードが出ます。

「あなたの思うこと、考えていること、天使や妖精のことをマニュフェスト(告知)してみなさい。そうすれば、あなたと同じ考えの人が引き寄せられて来ます。あなたの思うような友達が引き寄せられてくるでしょう。」とメッセージを何度も送ってきました。
最初は、「そんなことを言ったら笑われてしまうわ!」という気持ちでいっぱいで、なかなか、実行にふみこめませんでした。

そこで天使より、もっと日常的な存在の“妖精”にお願いすることにしてみました。 妖精は、草花についている天使。日常的なお願いごと、たとえば、「今、すぐ願いを叶えてほしい!」という時は、妖精にお願いするといいでしょう。妖精は、何度も私に 「Breaking Free」(脱出・解放)のメッセージを送ってきました。 「不自然な制限から自分自身を解き放つ時がきました。

自分が幸せだと感じれば、家族や友人、子供たちそして配偶者もあなたの側にいるのが楽しくなり、あなたの持つ力と自信に感心することでしょう。あなたが持っている怖れを解放するように妖精たちにおねがいしてください。
神はあなたに小鳥や天使、妖精のように自由な気持ちを持ちながらも、責任を持った人になってほしいと願っています」。

そこで、わたしはある試みをします。 「私は自由です。私には強い力があります。この自由と強い力をこれから思う存分楽しみます。」と何度もアファメーションしてみました。

今日、わたしは、エンジェルや妖精、スピリチュアルな学びを人に話すことに全く抵抗を感じません。妖精の助けがあれば、自分が必要なものはすべて、魔法のように現実のものにすることができる。自然の天使は、わたしにそう教えてくれました。