「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」

「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」

永遠の青春小説映像化

「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が半世紀を超えて熱く指示される恋愛小説の最高峰「うたかたの日々」を映画化
ジャズ・トランペッターにシンガー、作詞作曲家に翻訳家、詩人、エンジニアの顔まで自在に使い分ける小説家ボリス・ヴィアン。
ドラマティックな人生を全力で駆け抜け、39歳の若さで人生を終えた。
1946年に発表された代表作「うたかたの日々」は永遠の青春小説として若者に熱狂的な指示を受け、フランスでは400万部を超える大ミリオンセラーとして読み継がれている。
日本では岡崎京子による漫画家などでも話題を呼び、2011年には新訳が出版された。
今もなお世界中で、数多くの人々の心を奪い続けるこの物語が、「エターナル・サンシャイン」でピュアで切ないラブストーリーを幻想的な世界観で描き上げたミシェル・ゴンドリーによって新たに映画化された。

泡のように儚いラブストーリー

舞台は、パリ。
働かなくても暮らしていける財産で自由に生きてきていたコランは、無垢な魂を持つクロエと恋におちる。友人たちに祝福されて盛大な結婚式を挙げた二人は、愛と刺激に満ちた幸せな日々を送っていた。
ところがある日、クロエが肺の中に睡蓮が芽吹くという不思議な病におかされる。
高額な治療費のために働き始めたコランは、不可思議な人間関係に巻き込まれていく。
クロエは日に日に衰弱し、コランだけでなく、友人たちの人生も狂い始める。
愛しか残されていないコランに、クロエを救うことはできるのか。
この秋もっとも切なくて愛おしい大人のラブストーリー。

 

★バック記事を見る→映画情報