TRINITY Vol.48 「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」PART.2 タツコ・マーティンさん(1)

TRINITY Vol.48 「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」PART.2 タツコ・マーティンさん(1)

9/28日に発売したTRINITY Vol.48「心身クレンズ」にてご紹介した企画、「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」。
意識的に、もしくは無意識的に人のエネルギーを吸い取ると言われているエナジーバンパイア。「あの人と一緒にいるとなんだか疲れる」という場合はもしかしたらエナジーバンパイアからエネルギーを吸い取られているかもしれません。
でも、その場合、「果たして自分には原因がないのだろうか」と考えることも必要です。
特集では、タツコ・マーティンさん、宮崎ますみさん、神尾学さん、アン・キャラハン、上原慶子さんから、それぞれのご専門の視点から「エナジーバンパイア」について語ってくださっています。
本誌ではご紹介しきれなかったアドバイスを、ご紹介します!
今回は、アメリカ在住の臨床心理学博士である、タツコ・マーティンさんのからのアドバイスをご紹介します!

エナジーバンパイアの正体

Q1 エナジーバンパイアとはどんな人の事だと思いますか?

ネガティブマインドがとても強い人ではないでしょうか。
常に愚痴や人の悪口をばかりの人や、どうしてもネガティブな部分を気にしてしまう人か挙げられます。普段はポジティブな人でも、人生の危機的状況に直面したりすると、一時的にエナジーバンパイアに変身してしまうこともあります。
他には、病気を患っていたりして、とても衰弱している方も、ご本人はその気がまったくなくても、いつのまにか一時的なバンパイアに変身していることがあります。常にネガティブマインドの人は、エナジーバンパイアですが、後者の一時的なバンパイアは、状況が改善すればエナジーバンパイアから抜け出すことができます。

Q2 現実の状況とエネルギーの世界はリンクしていますか? 例えば、人から何かを恵んでもらってばかりの人、依存してばかりの人はエナジーバンパイアになっている確率が多い。自立している人はエネルギーを奪わないなど、リンクしているのでしょうか?

大いに関係しています。
例えば、被害者メンタリテイの強い方がいるとします。「自分はいつも周りの人達に意地悪されている」とか、「なぜ私だけが何時も辛い目に会うの?!と思っている方は、その思い、またはそのネガティブエネルギー(邪気)を相手に植えつけると同時に、その相手からいいエネルギー(精気)を吸い取ってしまいます。
ポジティブなエネルギーを相手から搾り取ったら、今度はそのエネルギーを自分の心のなかで邪気に変え、それでますますネガティブのエネルギーの勢いを増していくのです。ですから、このような方といると疲れてしまうのは当然のことです。
でも、それだけではありません。こういう人ほど、人は、「かわいそうに……」とついつい思ってしまうので、もしも疲れていても助けようとしてもっとエネルギーを注いでしまうので、その結果自分はどんどん弱まってしまします。最後にはこの被害者メンタリテイの人の言いなり、つまり奴隷のような存在になってこの人に尽くしてしまう(利用されてしまう)、ということになってしまうのです。

Q3 人といると疲れるという原因の一つに、「素の自分を出せないから」「良い人に思われたいから」など、自分の状態の問題もあると思います。相手がエナジーバンパイアであるかどうか以前の問題として、自分を見つめることで解消できる方法があれば教えてください。

この場合は、ご自分が自分でエナジーバンパイアになってしまい、自分のエネルギーをどんどん消耗してしまいます。自分を抑えてしまうということは、「自分が自分でいられない状態をつくっている」ということで、結局は自分を苛めていることに。そうしますと、自分が自分のエネルギーバンパイアになってしまい、疲労困憊状態になってしまうのです。それと同時に、衰弱しきっているので、周りにいる人から無意識にでも、どんどんエネルギーを吸い取ってしまいます。ですから、もし自分が自分のエネルギーを吸い取るエナジーバンパイアになりたくないのであれば、とにかく自然な状態でいられる努力をしましょう。
そのための方法をご紹介します。

1. <自己否定をしない習慣をつける>
例えば、「私は自分が大好きです」とか、「私はこのままの自分を認めます」とか「私は自分を大切にする人です」「私は、はっきりと自己表示ができます」というような肯定宣言を毎日何回か唱えるようにして、脳をポジティブな方向に自己洗脳してしまいます。

2. <自己否定をする人は、怒りをためる人>
怒りを上手に発散すれば、ポジティブマインドでいられ、エナジーバンパイアになることはないので、その訓練をします。誰もいないときに、大声を出したり、早足でばたばたとその怒りのエネルギーを発散させてください。怒りは、ネガティブエネルギーの一つですが、これを上手に発散できれば、ポジティブなエネルギーに変えることができます。

~PART.3につづく~

「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」記事一覧



タツコ・マーティンさん
臨床心理学博士、心理カウンセラー。
米国ロサンゼルスで、個人・カップル・ファミリーを対象にしたコーチングやカウンセリング日米間の電話コーチングを行う。著書『彼をお金持ちにする方法』(メディアファクトリー)他多数。


■TRINITY Vol.48の詳細はこちら
http://www.el-aura.com/2013092602/