TRINITY Vol.48 「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」PART.1 上原慶子さん

TRINITY Vol.48 「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」PART.1 上原慶子さん

9/28日に発売したTRINITY Vol.48「心身クレンズ」にてご紹介した企画、「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」。
意識的に、もしくは無意識的に人のエネルギーを吸い取ると言われているエナジーバンパイア。「あの人と一緒にいるとなんだか疲れる」という場合はもしかしたらエナジーバンパイアからエネルギーを吸い取られているかもしれません。
でも、その場合、「果たして自分には原因がないのだろうか」と考えることも必要です。
特集では、タツコ・マーティンさん、宮崎ますみさん、神尾学さん、アン・キャラハン、上原慶子さんから、それぞれのご専門の視点から「エナジーバンパイア」について語ってくださっています。
本誌ではご紹介しきれなかったアドバイスを、ご紹介します!
今回は、上原慶子さんのシータヒーリングの観点からのアドバイスです。

エナジーバンパイアの正体

人といると疲れるという原因の一つに、素の自分を出せないから、良い人に思われたいからなど、自分の状態の問題と言うのがあると思います。相手がエナジーバンパイアであるなど以前の問題として自分を見つめる事で解消できる事があれば教えて下さい。

シータヒーリングの観点では、エナジーバンバイアを引き寄せてしまうその人本人の思考に問題があると考えます。人といると疲れるという事は、偽りの自分を演じているからです。
ありのままの自分で人と接する事を恐れているのです。

では、どうして素の自分を出せないのでしょうか。
その原因を掘り下げていきます。

それは、人間の言動を左右する約97%潜在意識の思考が原因です。
潜在意識を変えないと、いつまでも同じような思考パターンを繰り返し、望まない状況の現実を自分の周りに創り出していきます。

人間関係で、本当はNoと言いたいのに、どうしてNoが言えないのか?
それは、「いい人と思われたい」「孤独になりたくない」「仲間外れにされたくない」などの、子供の頃に経験した、なんらかの「恐れ」が原因で、自分の本心を偽って生きているからです。

そして、怒りや、悲しみなどのネガティブな感情を抑圧していきます。
感情を抑圧して生きていくと、本当の自分の気持ちがわからなくなり、つい人に合わせたり、人の言いなりになって生きていく方が楽に思えたりするのです。

そして、ネガティブな感情(怒り、憤り、悲しみ、恥、虐待)を内臓や細胞にため込んでいきます。チャクラも歪み、エネルギーが滞ってしまい、Noというべき時に、Noが言えなくなり、自分を大切にする事ができなくなるのです。

そこで、その原因を探るため、子供の頃の親との関係性を見ていきます。
そこに何かの理由で、自分は充分に愛されなかった、または愛されていないと思い込んだ事が起因します。その時に採用してしまった思考パターンを大人になっても持ち続けていくのです。

例えば、「自分をおとしめる事で愛される。怒りを我慢して、いい子でいれば愛される。ダメな自分だと愛される。自分を犠牲にする事が愛の証だ」と言う風に。
つまり、その時、子供ながらに身につけてしまった思考が、生きる知恵だったのです。
大人になった今、そんな不適切な思考は、もう持ち続けている理由はありません。
貴方の魂は、エナジーバンパイアに一役かってもらって、それに気づいて、本当の心を取り戻させるために登場させます。

「今自分がもっている思考が違っているよ。」「本来の生き方からズレているよ。もっと魂が喜ぶ本当の自分に戻ろう。良い子のマスクをはずそうよ。」と。
すべての事は必然で意味があるのです。自分の外の状況は、自分の心の鏡です。自分が創った状況なら、自分で望むように変えることができます。
さあ、どのような思考を変えましょうか?
例えば、「そのままの自分でも愛される価値がある。自分の感情を素直に表現できる。本音を言っても安心安全だ。自分の尊厳を守り、NOと言うべき時にNOと言える。怒りの感情を適切な方法で出しながら人間関係を創っていくことができる」に変えましょう。

そして、シータヒーリンングでは、その思考の記憶を4つのレベルにアクセスして変換する事ができます。それは、生まれてから今までの思考、親や先祖から引き継いだ思考、過去世の思考、魂の思考です。

もし遺伝や歴史レベルでの契約、約束があったら解除していきます。歴史レベルで犠牲や従順な役割があったら、その学びを完了させる事で、現在に影響を及ぼさなくなります。過去もパラレルワールドで繋がっています。今の自分を癒すことで4つのレベルで生きてきた人々を同時に癒すことができます。

そして、前へ進むことができるのです。
新しい思考に変換をしたら、潜在意識に、必要な感情感覚の呼び覚ましをしていきます。
例えば、「無条件に愛されているってどんな感じ、自信があって、自分を愛し大切に扱うってどんな感じ、自分の境界線を守るってどんな感じ」等。いつでも、NOといえる状態の強い自分になると、逆にNOをいう状態がなくなり、その人が移動になったり、自分の元を去っていくというふうに、周りが自然と変化して、よい人間関係に囲まれていきます。

また、身体の中に、寄生虫、酵母菌、重金属等が溜まっている可能性があります。寄生虫にも思考があって、人を搾取するエナジーバンバイアの思考と似ています。これらを定期的にクレンジングする事で、人の思考に影響を及ぼす事がなくなり、デトックス効果にもなります。

キーワードは、自分を慈しみ、大切に扱い、愛する事が幸せの秘訣です。
そうすると自然に、あなた周りの状況や人間関係が良好に変わっていきます。人生は自分の望むように創造できるのです。
さあ、あなたの夢を叶える準備はできていますか?

「エナジーバンパイアにならない・させない スピリチュアルマナー」記事一覧



上原慶子さん
ヒーリングスペースハートライト代表
シータヒーリング・マスター&サイエンス・インストラクター、バーバラブレナンヒーリングサイエンス認定プラクティショナー。ヒーラー。セッション、セミナー、ブログを通し自分を愛することの大切さを伝えている。
http://healing-heartlight.com/
http://ameblo.jp/heart-light-blessing358


■TRINITY Vol.48の詳細はこちら
http://www.el-aura.com/2013092602/