Rumikoの「スピリチュアルビューティー」でキラキラ輝く豊かな女性へ~PART.13『ジャッジしない』~

Rumikoの「スピリチュアルビューティー」でキラキラ輝く豊かな女性へ~PART.13『ジャッジしない』~

直感を邪魔する「ジャッジ」

「スピリチュアルビューティー」な生き方をご提案するお話をお届けしております。今回で13回目になります。いつもお読みくださりありがとうございます。

前回のお話では「人との出会い」について書きました。

「良いと感じる」出会いや、出会った時に「心が落ち着かない、そわそわする感覚がある」ものがあり。直感からのサインに気がつき、従うとスムーズに対応できるという事をお伝えしたのですが、直感のサインを受け取った後に注意しなければならない事があります。

「相手を評価(ジャッジ)しない」

もしお相手と出会った時に「なんか合わない気がする」と思ったら「合わない理由」を探してしまいがちです。「話し方が冷たい」「態度が偉そう」「目つきが怖い」などから始まり「趣味・価値観があわない」「話題がない」といった事へ、そして「あの人は○○だから」と勝手なものさしで決め付けてしまう。
まるで「自分は正しくて相手が悪い」みたいな前提ですよね。

「相手は相手、自分は自分」の波動があって、それが極端に違うと、なんとなく落ち着かない感覚がしますが「自分に合う合わない」だけであり「どっちが正しいのか悪いのか」というものではありません。

相手をジャッジせず、「波動の違い」をただ理解するだけ。必要以上にジャッジをするから「嫌な人、苦手な人」という感情が入り、人間関係も難しくなってしまうと思うのです。
そして、もし、その方が持ってきた良い話(オファー)があったとしても、お相手の波動が自分と会わないと感じたのならば少し慎重になる必要があります。

そのオファーが「良いか悪いか」条件や利益だけで判断するのではなく「そのオファーを受けた未来の自分は、どんな感じがするのか」をイメージするとわかりやすいかと思います。その未来の自分が、目指す未来と一致しているかどうか。心から楽しめているのかどうかです。

他にも、回りの人が全員「良い話だ!」と言っても気分が乗らなかったり、「良い」と思ってもその後の段取りがスムーズではなかったり、どう考えても「ストップ」かけられている感じがする時もあります。そんな時はサインを受け取った直感に従い、考え直す必要がある時でしょう。

(※ここでの話はごく普通に出会う人との事を書いております。詐欺目的の方との出会いではありません事をご理解下さいませ。)
全ての出会いに偶然はなく、何かしらの意味があって出会っていますので、その方との出会いによって得られる学びに気が付く事が大切です。

学びに気付かない、もしくは無視してスルー(問題に向き合わない)すればまた同じような方との出会いがあり、同じような出来事があります。

「あれ?またこのパターン?」と思ったら、そのサインだと気付いてくださいね。
同じ学びをぐるぐると回るより、早くクリアしてどんどん前に進んだほうが良いですものね。人生には沢山の学びがあります。沢山学んで、より輝く人生にしましょう!