守護天使と話していますか?

守護天使と話していますか?

あなたにとっての天使のイメージは?

天使ときいてどんなイメージを持ちますか? キリスト教のイメージ強いでしょうか? ギリシャ・ローマ神話に出てくるキューピットをイメージする方も多いでしょうか?しかし天使はいろんな宗教や神話にでてきていて、日本にも天狗や童子といった形で根付いています。天使には色々なタイプがいますが、大天使のような公のために働く天使と守護天使と言われる、個人を守り・導いてくれる天使とがいます。

守護天使の役目は私たち肉体を持ったスピリットが、地球で滞りなく人生の目的を達成するのを助けることです。私たちがまだスピリットだった頃、地球でどんな体験をしようかその予定表を守護天使と一緒に作っています。そして私たちが地球にきたあと、守護天使たちは私たちがしたかった体験をできるようにサポートしてくれているのです。ただ地球での体験があまりにも楽しく多すぎるので、私たちは寄り道をたくさんしてしまいます。そして私たちが人生で達成できるのはスピリットの時に予定していた2%~3%と言われています。

守護天使は人生のガイド役

富士山の頂上でご来光を見たい!と思って山を登り始めたのに途中の景色や花々や昆虫に目を奪われて山頂につく前にくたびれて下山してしまうようなものです。初めて山に登るとき私たちはツアーに申し込んだり、登山経験のある人と一緒に登ったり、ガイドを努めてくれる人と一緒に行きます。このガイドにあたるのが守護天使です。どんな人にも最低2人は一緒にいてくれるといいます。中には4万もの守護天使がそれぞれの人についていてくれるという人もいます。言ってしまえば、天使たちに守られていない人はいないのです。

しかし、私たちはガイドである守護天使たちの言葉に耳を貸さずにやりたい事の半分もできずにスピリットに戻り、「もっと地球でありたいことがあったのに……」となってしまうのです。もちろん、予定外ではあったけど、楽しい体験はできたという思いもあるとは思いますが、でも、楽しかったけどやりたいことはできなかったという体験とやりたいこともやったし予定外の楽しいこともたくさんできた体験とどちらがいいですか?

もし、後者を選ぶなら、貴方の守護天使の言葉に耳を傾けてみてはどうでしょうか? 天使なんかいない、と思う人もいるでしょう。でもちょっと考えてみてくだい。もしいたらどうします?私たちが地球での人生を終えるとき、自分の守護天使にあっているところを想像してみて下さい。「天使なんかいない」といっていたのに実際は天使がいたら、それも自分をずっとサポートしてくれていたら、バツが悪くないですか?もし「天使がいる」と思って地球を去ったとき、天使がいなかったとしたら、それは今まで自分の人生で起きたラッキーが実は天使の奇跡ではなく自分の実力だったと分かるだけです。失うのもはありません。というわけで、私は天使を信じる事をオススメしています。

守護天使のメッセージに心を傾けよう

そんな守護天使たちからのメッセージは絶えず貴方の耳に囁かれています。それは、普通に耳に聞こえることもあります、何度も同じ人や商品を紹介されるなどシンクロニシティとしてやってくることもあります。インスピレーション(直感)・虫の知らせとしてやってくる場合もあります。羽が落ちてきたり、数字の「4」をよく見かけたりするかもしれません。いずれにせよ、彼らがくれるメッセージに私たちが気づき、行動に起こすことが大切です。実際に「傘をもって家をでて」とか「今、メールの返事しなよ~」とか実に日常的なメッセージを送ってくれているのですが、大体が、時間がないとか、面倒だとか、眠いとかの理由で無視されています。スピリチュアル的に最もらしい理由をつけて無視する人もいます。私のハートはそう言っていない。とか。今までのことは、仕方ないので、もしもこれから先「コレかな?」というのに気づいたら、是非、行動に起こしてみてください。きっと楽しいサプライズがあります。

もっと積極的に守護天使からメッセージを受け取りたいという人にはエンジェルカードがオススメです。様々なカードが発売されているので、自分の直感で一番心地の良いものを選ぶといいでしょう。しかし直感がなかなか訪れない人はドリーン・バチュー博士のシリーズがオススメです。博士のシリーズは絵柄がわかりやすくデフォルメされているので、初心者向けです。また、きちんとメッセージが受け取れているか不安、という人は同博士のオンライン学習コースがあるので、さらに詳しく学びたくなった時に重宝します。

選ぶときはなるべく実物を見てから決めるとより、自分にあったものを選べます。怖いと感じるものや、不気味に思うものは避けましょう。選んではいけないといことはないのですが、自分トラウマや辛い過去と向き合うことが予想されますので、もう少し天使たちと交流を深め、メッセージを受け取りやすくなってからの方が無難です。

エンジェルカードはタロットとは違い、同じ質問を何回してもOKです。わかりにくいときは「わかりにくかったのでもう一度わかりやすく教えてください」と聞き直しても大丈夫です。
頼りになる親戚のお兄さん・お姉さんに話しかけるみたいに、自分守護天使たちに話しかけ、仲を深めて行ってください。今よりももっと素敵な毎日があなたをまっています。
Angel Blessing YOU !

エンジェルカードの鑑定&対面セミナーご希望の方は
はたけなかЖえみまで♪