「心のコリをほぐす方法は身体にあった♪」 PART.7:はじめの1歩を踏み出しやすくするために

「心のコリをほぐす方法は身体にあった♪」 PART.7:はじめの1歩を踏み出しやすくするために

こころのスイッチを入れる方法

新しくなにかをはじめたい、自分を変えたいと思う時にはじめの1歩を踏み出すまでに、勇気がいるということがありますよね。
踏み出したいけど、ちょっと怖いとか、今でいいのかなとか、と思うこともあれば、1歩を踏み出すのがめんどくさいと思ったり。

踏み出せない時にいろいろ言い訳をひねり出すこともあるかもしれませんね。
こころのスイッチが入らないうちは、なかなか踏み出せない…ということも当たり前。
からだを動かすためのスイッチもこころが持っているからなんです。

でも逆の発想でいくと、からだを動かすためのスイッチは、こころにあるということ。
やっぱりどちらもつながっています。

それではなかなかはじめの1歩を踏み出せない時の、おすすめをご紹介します。
☆足の裏を刺激すること。
☆足を動かすこと。
☆歩いている実感をしやすいこと。

これにピッタリなのが、青竹踏みです。
最近は安価なもので、プラスチック製でイボイボのついたものがありますが、それよりもリアルな青竹がおすすめです。
(プラスチック製のイボイボ付きは足裏の皮膚が固くなってしまうこともあります)

☆まずは青竹に土踏まずを乗せて、じわ~っと体重をかけてみます。
(言い知れぬ心地よさを感じる方もいれば、痛ててててと思う方もいるかもしれません)
☆左右交互に青竹を踏みます。
(早いペースで踏むよりも、じわ~っと体重をかけながら)

毎日の習慣にできると、いざ!という時の瞬発力を養うことにもなります。
わたしは毎朝、歯を磨きながら青竹踏みをしています。
どんなに時間が無くても、毎朝歯を磨きますよね?
その時に一緒にやることにしておけば、自然に習慣にできますよ。

とても気持ちよくて、歯磨きがおわったあとも、しばらく青竹を踏んでることもあるくらいです。
足裏にはたくさんのツボがあるので、前日食べすぎたな~と思っていると、青竹を踏んだ時に胃腸のあたりのツボがとても反応します。
少し痛いと感じたり、痛気持ちいいと感じるところを重点的に踏んでみると、からだの内側から元気エネルギーが湧いてきますよ。

頭痛に悩まされることが多い人は指先で踏めるように、少しつま先立ちで、肩こりの気になる人は、指の付け根で踏めるようにしてみてください。

圧が気持ちいいツボはどの内臓やからだの部分につながっているんだろう?って、意識しながら青竹踏みをすることも、からだの声を聴くことになります。
あなたのからだは必ず反応してくれますので、ぜひ試してみてください。

特に「おしゃれのためには多少のガマンは当たり前」とステキだけど履き心地が良くない靴をがんばって履いてる人は、夜、お風呂からあがってから青竹踏みをしてみてください。
足の疲れが取れるだけではなく、足腰にかかっていた負担の解消にも力を貸してくれます。
その日の疲れはその日のうちに解消しておくと、翌日もちょっと大変なおしゃれな靴も履く勇気が持てます。
さらにからだの循環がよくなりますので、眠りの質も向上!
翌朝の目覚めがすっきり♪と感じられるかもしれません。

あなたの大切なからだをいたわってあげてくださいね。