世界的な食料廃棄の問題を追った驚愕のドキュメンタリー映画『もったいない!』

世界的な食料廃棄の問題を追った驚愕のドキュメンタリー映画『もったいない!』

飽食の時代~私たちにできることは?

信じがたい真実ですが、私たちが日々食べる食品は、そのおよそ3~5割が食卓に届く前に捨てられています。生産の現場で、流通の過程で、小売販売の段階で、そして家庭でも……。『もったいない!』は、日本をはじめ世界各国に取材して食料廃棄の問題を追求し、私たちに何が出来るのかを探ったドキュメンタリー映画です。
毎年、世界で生産される食料の3~5割が廃棄され(2013年1月、英国・機械技術者協会発表による)、日本では1700万トンの食品廃棄物が排出されている(平成22年度推計 農林水産省発表による)そう。
本作は、ヨーロッパ、日本、アメリカ、アフリカの各地で、スーパーマーケットの店員から、パン屋さん、生産者、欧州委員会の担当官、卸売市場の審査官、仲買業者、リサイクル工場の作業員、バイオガス・プラントの経営者、廃棄物研究者、“ごみ箱ダイバー”に至るまで、食料がたどる様々な段階に携わる人々の話を聞き、食品ロス(食料廃棄)の現実と原因、その影響を探ると共に、ユニークな発想で抗う人々を取材して、私たちに何ができるのかを探る。スーパーマーケット、食品リサイクル工場、畜産農家など、日本での撮影シーンも多く収録されています。
本作は、世界的な食料廃棄の問題を追求しながら、先進国の飽食が一因となってもたらされる食料価格の高騰や食糧危機、途上国における飢餓、農地収奪の問題まで、深く考えさせられる内容の作品です。

「私の国ではバナナだってめったに食べられないのに、
捨てるなんて贅沢すぎるわ!」
パリのフードバンクで働くカメルーン出身の女性

「食品の廃棄は食料の価格を高騰させ、
間接的に世界の飢餓を招いている。」
ドイツの経済学者

TABLE FOR TWOとは?

公式HP http://jp.tablefor2.org/

世界では8人に1人が飢餓状態にある現状を前に、この映画を観ることで世界の食料問題について少しでも身近に感じ、自分にできることを始めてほしいという想いを込めて、「MOVIE FOR TWO」を開始。それが「MOVIE FOR TWO」です。この活動は、映画『もったいない!』を劇場で鑑賞すると、既定の料金の映画チケット1枚につき20円が寄付金となって、TFTを通じて開発途上国の学校給食1食分として贈られる、新しい形の社会貢献活動です。 ※開発途上国の給食1食分の金額が20円です。
2007年に創設された特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表 小暮 真久)による社会貢献活動「TABLE FOR TWO」は、直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、開発途上国の子どもに給食1食分をプレゼントできます。これまで企業や官公庁、大学、病院など約580団体が参加。気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、約2,161万食をアフリカのウガンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、マラウィ*、ルワンダに届けました。(*現在はマラウィでのプログラムは終了)。社員食堂で始まった活動が、現在では、レストラン、コンビニエンスストア、ネットスーパー、お弁当、自動販売機、ウエディング、レシピサイトなど様々なシーンで導入されています。また、日本で始まった社会貢献活動が、アメリカ、イギリス、韓国、香港、台湾、スイス、ノルウェーなど11か国に拡大。今後もさらに活動地域を拡大。 本企画を機に、今後も「MOVIE FOR TWO」の取り組みを広げていく。

 

ドキュメンタリー映画 『もったいない!』(原題“Taste the Waste”)
(c)SCHNITTSTELLE Film Köln,THURN FILM

2013年9月21日(土)
東京都写真美術館ホール、名演小劇場(名古屋)ほか全国順次ロードショー
◆映画公式HP&公式SNS
HP http://www.mottainai-eiga.com/
Facebook https://www.facebook.com/mottainai.eiga
twitter https://twitter.com/freethefood_jp

監督:バレンティン・トゥルン
製作:アストリッド・ファンデカーコーヴェ、バレンティン・トゥルン
配給:T&Kテレフィルム
2011年/ドイツ映画/独、仏、日、英、伊語/日本語字幕
※/88分/© SCHNITTSTELLE Film Köln ,THURN FILM
※聴覚障害者対応:日本語音声部分にも日本語字幕が付きます

★バック記事を見る→映画情報