Angel Hiroさん特別インタビュー「ミラクルハッピーな人生を送るための秘訣♪」PART.2

Angel Hiroさん特別インタビュー「ミラクルハッピーな人生を送るための秘訣♪」PART.2

エンジェルヒロさんが教えてくれる幸せの秘訣

6月に出版されたAngel Hiroさんの新刊『奇跡の5分気功ダイエット』(角川マガジンズ刊)が今話題です!
本書は、Hiroさんが創始した「たいっち♪」を、ダイエットを目的とした功法としてアレンジ、身体の60兆個の細胞すべてに調和の波動が広がる「たいっち♪」は、実践すれば、全身すべての細胞が目覚め、「すべてはつながっている」というワンネスの意識に目覚めることができます。
「Hiroさんがダイエット本?」とちょっとびっくりした方も多いかもしれません。
今回の出版の理由、そして、そもそもHiroさんがたいっち♪やパワーストーンと出会った経緯を、Hiroさんの半生を教えていただきながらひも解きます。
今やスピリチュアル界のプリンスとして大活躍のHiroさんの秘密に迫っていきましょう。
たいっち♪をすると、自分が望むとおりの美しい身体をつくることができるのですか?

そうですね。たいっち♪は、60兆個すべての細胞に働きかけることができるので、身体の特定の部位を意識しながら行うと、すべての細胞が協力して望む場所に筋肉をつけたり、望まない場所の脂肪をとったりという、一見不可能そうに感じることが起こるようなのです。きっと「気」が必要な部分に集まるからだと思います。
気が活性化して筋肉トレーニングをしているのと同じ状態になるので、生徒さんからも、「意識的に実践すると、胸の位置が高くなったり、お腹周りがすっきりしました!」とよく言われるんです。

 

今回の新刊には、そのようなダイエットの要素はもちろん、Hiroさんのもともとのスピリチュアル的な視点も反映されているんですよね。

はい。僕がスピリチュアルを伝えるときに大切にしているのは、情報を頭で得て満足するだけではなく、ワンネス(すべてはつながっている意識)を身体で感じてこの現実で生かすためにどうしたらいいか、ということです。たいっち♪の実践は、まさにスピリチュアルな情報を現実で生かすための最適なツールだと思っています。だからこそ、僕のスピリチュアルな世界観がダイエットという現実的なテーマと融合して具現化できたのだと思います。スピリチュアルな世界では、グラウンディングが大切とよく言われますよね。かつての僕は、その情報を頭では知っていましたが、実際はまったくグラウンディングができない人だったんです。ところが、たいっち♪の実践を継続しつづけたことで、ワンネス意識を身体で感じることが起こり始めました。すると、日常に存在している小さな幸せにたくさん気づいて実感できるようになっていったので喜びが自然に内側から溢れだすようになりました。そしてワクワクする気持ちが高まったあまり脱サラし、今の大好きな仕事を始めることができました。さらには、会社設立、ショップオープン、本の出版などなど幸せを感じる現実を次から次へと具現化できるようになっていったのです。
グラウンディングが大事だということを頭で得て満足するだけだった僕が、たいっち♪の実践を続けることでグラウンディングした状態を身体で実感できるようになり、幸せな現実を創造できるようになりました。

Hiroさんのお話を聞いていると、スピリチュアルな情報を現実で生かす時代がやってきたような気がしてきました。

最近若い人の中でも「気」というものが認識されはじめているんですよね。たとえばドラゴンボールが映画化されて大ヒットしましたが、あれはまさに気を高めてかめはめ波という技を放ったり、元気玉という気の塊を作り出したりする、気がベースになった物語なんです。
そんな中で、ダイエットの本はたくさんありますが、気功をテーマにしたダイエット本は今までなかったようです。なので、角川マガジンズさんとしても新しいかもって思ってくれたみたいです。

なんだか大きく動き始める予感のようなものがありますよね。

そうなんですよね。今回の新刊も出版が決まって、出版社の方と近所のレストランで打ち合わせをして、帰りに「良い本をつくりましょう!」って言って別れて、オフィスに帰って窓の外を見たら、なんと虹が出ていたんです。虹が出るタイミングが本当に毎回ビックリなんですよ。

Hiroさんは、虹を見る確率が高いですよね。
そうなんです。人生の大きな決断や変化の時に、いつも虹に遭遇するんです。ハッピーハッピークリスタルショップの契約をした時も、契約書を書いて、不動産屋さんから外に出たら虹が出ていました。ショップの上のサロンも1ヶ月遅れで契約したんですが、やっぱり契約した直後に虹が出現したんです。本当に、不思議なんですよね。

~続く~

★バックナンバーを見る→連載記事:エンジェルヒロ