『心理セラピスト』が教える!「目標設定」~忘れてはならないポイントとは~

『心理セラピスト』が教える!「目標設定」~忘れてはならないポイントとは~

自己実現って何?

自己実現の欲求はあるけれど、何をどうすれば自己実現できるのかさっぱりわからない。それ以前に、もう自分自身の状態すらわからない。何をどうすればいいのかこれっぽっちもわからない……。
そういう人が世の中、特に先進国にはたくさんいます。

ところで、この「自己実現の欲求」ですが、欲求の中でも結構高度な欲求なのです。
ちょっとだけ解説をします。欲求と言えばマズローという人が第一人者と言うか真っ先に思い浮かぶであろう有名な人なのですが、このマズローが言うには、欲求には5段階あるそうです。この5段階の欲求の事を専門用語で「マズローの欲求5段階説」と言います。これは割りとテストに出るので、名前くらいは覚えておいた方が良いかもしれません。

人間の欲求と言うのはピラミッド型で5段階に分かれているそうです。
低階層からから「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「自我欲求(尊厳欲求)」「自己実現欲求」という構造になっています。下から3つの階層は、どちらかといえば外側の欲求なのです。生きて行くために必要な条件とでも言えば良いでしょうか。上2つは内側の欲求。つまり自分の内面に関する欲求です。

日本を含めた先進諸国は(そもそも何を持って「先進」というかと言う問題はさておき)、生きて行くための最低条件、環境はクリアしているので、危機感を持って低階層から3つをそれほど意識しなくても充分に生きていけます。御先祖様が原始人だった頃には「自己実現の欲求」なんて無かった可能性が高いです。だから高度な欲求と言ったのです。

ところが、この「自己実現の欲求」というのは、単純そうで実は難しい。
言葉から連想すれば自分の実現したい欲求ですから、難しくもなんともないと思うのですが、案外そうでもないみたいです。その証拠に「今の若い子は、夢とか無いんですよね」という話をよく聞きますよね。この夢こそが自己実現の源ですよね。「とりあえず安定した生活が出来ればOK」とか、それこそ寂しくなるような事を言う人も多いです。そもそも安定なんて存在しないと言う事をこの場を借りて強調させていただきます。おそらく、この安定と言うのは経済面を指すことが多いと思うのですが、大企業だって潰れますし、エリートだってリストラされる時代です。昔は力の強い豪族が偉くても、今は頭脳派が力を持っています。世の中のパワーバランスは時代によって変わるのです。いわゆる諸行無常と言う概念ですね。

人生の目標を見つける

というわけで、若い人に限らずですが人生を見失った人たちに「目標設定をすると良いよ」という人が多くなって来ました。僕も、相談を受けると目標設定を勧めます。何処に進みたいのかは人生において非常に大事だからです。
ここからがとても重要なのですが、僕のセッションを受けた人は知っていますが案外誰も教えてくれない事があります。この目標設定は、何でも良いわけではないのです。たとえば学生だったら「一流大学に入ること」が暗黙の目標設定になっていますよね。そこそこ名前のある大学に入ったら、「一流企業に入ること」が半自動的に目標になっていますよね。
 
でも、そのプロセスを経てウツ病になって通院なりカウンセリングを受けている人たち、身近にいませんでしょうか。結構多いと思います。
こうなってしまうのはいろいろな原因があるのですが、まず「親や先生などに植え付けられた自己実現観」である可能性が高い事が問題なのです。よく考えて見て下さい。「自己」じゃないですよね。周囲の影響を受けまくっているだけだったりする場合もありますよね。
 
自己実現のルールは「自分で実現したいゴールを設定すること」なのです。
次に、自己啓発やビジネスの本によく書いてあるのが「目標設定は数値化できる具体的にわかるものが良い」という話です。もちろん一理ありますし、とても重要なことです。イメージ出来ないモノは自己実現しづらいからです。
だったら、「偏差値70以上の大学」を経て「東証一部上場企業に入社」して「年収1億稼ぐ」という目標や「身長175以上のイケメンと結婚する」とか「ダイエットで30kg減らす」とか、そういう自己実現の目標設定だったら良い設定だと言う話になりますよね。
 
ただ、これだと大事な点を1つ忘れてしまっているのです。
それはなんだかわかりますか?
目に見えない目標設定が必要なのです。それは「感情の目標設定」です。人間はコンピュータではありませんので、ゴールに向かって余計な事を考えず黙々と猛進していくわけではないのです。栄養が足りていてもダメです。何故なら「感情」があるからです。
 
僕たちが本当に欲しているのは「プラスの感情」なのです。たとえば、友達が0人になってしまって、仕事は激務。休日はなし。肌はボロボロ。白髪が増えまくり。結婚は出来ても不仲。そして「孤独」だったり「イライラ」していたり。情緒が乱れて明日にでも病院に行こうかな…という状態になってしまったら、自己実現しても嬉しくもなんともないですよね。
それは「生」を「感じて」いないからです。単なる自分の消費、浪費なのです。だから、本当にイキイキとした人生を歩んで行きたいのならば、目標設定に「どんな感情を得たいか」という項目を必ずつけてください。
そうする事によって、長期目標も短期目標も「望む感情」を含む戦略を練ることができるからです。そのために、自分は何をしたらいいのか。それが自ずと見えてきます。
 
現代人は少々、頭でっかちになりすぎている気がします。「感情」をもっと大切にしてあげてください。「感情」を大事にする人は、愛される人でもあります。ぜひ。