異彩を放つ唯一の存在~『美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~』

異彩を放つ唯一の存在~『美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~』

どんなことがあっても、私を支えてくれたのは、愛でした

深作欣二監督が三島由紀夫の舞台劇を映画化し、カルト的な人気を獲得した映画『黒蜥蜴』で妖艶なヒロインを演じた美輪明宏。
彼の魅力に魅せられたフランス人監督パスカル=アレックス・ヴァンサンが、美輪明宏本人への密着取材や、横尾忠則氏へのインタビューを行い、ジャンルを越えたビジョンのもと、新しいアーティスト像を作り上げた三輪明宏の実像に迫る。1952年の歌手デビューから、2012年のNHK紅白歌合戦で歌われた「ヨイトマケの唄」(1966年)の逸話や生前の深作欣二監督の発言、そして宮崎駿監督『もののけ姫』(1997年)での声優出演時のエピソードまで、貴重なアーカイブ映像を交え、美輪明宏の活動の歴史に迫るドキュメンタリー作品。

「私が1952年にシャンソン喫茶で、男でも女でもないという今のビジュアル系の格好で歌い始めて、銀座で有名になったのがきっかけで、それまで隠れていたゲイの人たちもそうしたファッションをしだしたんです。だから日本人は、デヴィッド・ボウイやボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ)が出てきたとき、誰も驚かなかったの。そのずっと前に私がいたから」

「私が寺山の『毛皮のマリー』やらなにやらで日本で最初のアンダーグラウンド運動をやっていたときに、北野武監督は、同じ新宿にいてジャズ喫茶のウェイターをやっていたんです。同じユーモアのセンスを持っているかどうかは分かりませんけれど、彼のユーモアは理解しているつもりです」

「ヨイトマケの唄」誕生秘話

深作欣二監督が江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本による舞台劇を映画化しカルト的な人気を獲得した映画『黒蜥蜴』(1968年)。この『黒蜥蜴』で妖艶なヒロインを演じた美輪明宏に魅せられたフランス人監督パスカル=アレックス・ヴァンサンは、その魅力に迫るべく、美輪明宏本人への密着取材や、横尾忠則氏へのインタビューを行った。そして、1952年の歌手デビューから、2012年のNHK紅白歌合戦で歌われた「ヨイトマケの唄」(1966年)の逸話や生前の深作欣二監督の発言、そして宮崎駿監督『もののけ姫』(1997年)での声優出演時のエピソードまで、貴重なアーカイブ映像を編集。美輪明宏の唯一無二の実像と華麗な活動の歴史に迫るドキュメンタリー作品『美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して~』を完成させた。

「九州の炭鉱の町で、とても不景気でどん底の生活をしているのに、お金を握りしめて聞きに来てくれる人を見て、この人たちを励ましたいと、『ヨイトマケの唄』を作詞作曲をしてビジュアル系の衣装も宝石も毛皮もメーキャップも辞めて、素顔で歌うようになったんです」(美輪明宏)

美輪明宏インタビュー

「いつも罵声を浴びせ続けられた。石を投げつけられたり、ガラスのかけらを投げつけられて『バケモノ』だとか『消えてしまえ』と言われたけれど、そのときにとても支えになった言葉が、キリストのマグダラのマリアが石を投げられたときに、かばって、まず罪のない者からこの女に石を投げなさい(『罪なき者は、石をうて』)という聖書の言葉が常に頭にあったんです」
「もし私が有名になったら、有名になったことでジャーナリストから質問がきてホモセクシュアルであることを言って、それをポピュラーにすることで、市民権を得ることが必要だと思った」

「『フランス語であなたをil(彼)と呼ぶのかelle(彼女)と呼ぶのか、英語だったらheなのかherなのか』と聞かれますが、『呼びたい人のお好きなように』と答えます。日本では人を呼ぶときには『さん』とか『様』と敬称をつけるだけです。だから日本のほうがよっぽど性差別がなくて、進んでいて、リベラルです」

 

(2013年『黒蜥蜴』公演パンフレットより)
横尾忠則(美術家)
1936年6月27日、兵庫県西脇市生まれ。1967年、寺山修司の「天井棧敷」に参加。寺山や唐十郎の演劇ポスターなどで一躍注目を集め、絶大な支持を得る。以降、パリ、ヴェネチア、サンパウロなど各国のビエンナーレに招待出品、国内外の美術館で多数の個展を開催し、確固たる世界的評価を確立する。
「美輪さんもマルチプルな人間ですから、演出もプロデュースもするし、俳優として役者として出演されるし、衣装も美術装置もデザインして、なにもかもぜんぶひとりでやってしまう人なんです」
深作欣二
(映画『黒蜥蜴』『黒薔薇の館』監督)
1930年7月3日、茨城県水戸市生まれ、1953年に東映へ入社。1961年、千葉真一の初主演作『風来坊探偵赤い谷の惨劇』で監督デビュー。1973年から公開された『仁義なき戦い』シリーズや『バトル・ロワイアル』(2010年)などアクション映画を中心に話題作、ヒット作を連発。2003年1月12日死去。
「『黒蜥蜴』と同じような世界、というオファーがあって、丸山明宏という男性の俳優が女性に扮して、ヒロインに据え映画を作るというのは、歌舞伎では常識だけれど、映画ではなかなかなかった。そこから、どういうストーリーを作り上げていくかでいろいろディスカッションがあった」

 

『美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~』
8月31日(土)より、東京都写真美術館ホール・渋谷アップリンクにて公開
©KIREI

主演:美輪明宏
出演:横尾忠則、深作欣二、北野武、宮崎駿ほか
監督:パスカル=アレックス・ヴァンサン
撮影監督:アレクシ・カヴィルシン
編集:セドリック・デフェルト
原題:Miwa : à la recherche du Lézard Noir(Miwa, A Japanese Icon)
(2010年/フランス/日本語・フランス語/63分)
提供:パルコ/配給:アップリンク/宣伝:アップリンク・Playtime

★バック記事を見る→映画情報