ネリー エンジェル「大天使ミカエルはいつも私たちの祈りを聞いています」後編

ネリー エンジェル「大天使ミカエルはいつも私たちの祈りを聞いています」後編

大天使ミカエルが私の息子の盗まれた
iPodを取り戻してくれました

私の息子のiPodが学校で盗まれ、彼はとても落ち込んでいました。iPodがなくなったこと自体にもですが、それより誰かがそういったことをできるということが理解できずに落ち込んでいました。

「そういった行動をして彼らは恥ずかしいと思わないの?」と私に聞き続けました。私は大天使ミカエルと天使達の協力を求め続けました。「親愛なる大天使ミカエル、ラファエル、そして他の全ての天使達、大天使達とスピリット・ヘルパー、どうか奇跡を起こして、なくなったiPodを持って帰ってきてください。」息子も一緒にお祈りしましたが、悲しい事にこう言いました。「ママ、今まで何年かで他にもいろんな物が盗まれたけど、一度も誰が盗んだか分かった事がないし、物が返ってきた事もないんだよ。」私は毎日祈り続けました。彼のiPodが返ってきて、彼が喜びと幸せに包まれるのが目に見えました。私が見ていたものは、その時の現状とは全く正反対のものでした。するとすぐに大天使ミカエルが、私に校長室に行くように言いました。心配する母親としては今すぐ校長室に行きたかったのですが、学校に毎日通うのは彼自身で、状況を複雑なものにはしたくなかったのでまずは息子の許可を得なければなりませんでした。その間も「校長室に行きなさい。校長室に行きなさい。」と天使達はささやき続けました。3日目に息子が大きくハッピーな笑顔とともに帰ってきました。

「ママ、きっと信じられないと思うよ。iPodが見つかったよ。校長先生が見つけてくれたんだ。盗んだ生徒にたまたま居残りをさせている時に、iPodに僕の名前が書いてあるのを見つけたんだ。今校長室にあるから取りにきて良いって。今まで学校で盗まれたものが見つかった事なんてなかったんだよ。」それは私たち2人にとって幸せな知らせでした。この奇跡的な出来事がきっかけで私の息子は夕食の席でこんなお祈りをし始めました。「親愛なる大天使ミカエルとみんな、僕たちを守って助けてくれてありがとうございます。こうやっておいしい食事を食べさせてくれて、僕のiPodを見つけて返してくれてありがとうございます。」私の息子は直に天使達の力を体験し、今は彼らがとても近い守護と助けの存在になっています」

大天使ミカエル「恐怖に立ち向かう事で自分の最良を引き出す」

ずいぶん前に、「ナンバーワン女性探偵事務所」というテレビ番組を見ていました。エキゾチックなボツワナが舞台で、可憐な主演の女性はとてもリラックスしていました。すると突然、大天使ミカエルが私にこの番組を注意深く見て欲しがっている事が分かりました。主人公のプレシャスは、別れた夫との問題と、近所のいくつものオフィスに入り込んだヒヒに頭を悩ませていました。サルはうるさいし怖いのですが、プレシャスは決して逃げ去りませんでした。彼女はサル達を追い払い、大きなヒヒに向かって「怖くなんかないんだからね!あなたが私の事を怖がるべきよ!」と叫んだのです。この教訓によって彼女は脅迫しようとしてきた元夫にも立ち向かう事ができるようになりました。そして大天使ミカエルが私に美しいメッセージをくれました。「私たちには、恐怖に立ち向かわなければいけない時がある。なぜかというと、そうすると私たちの最良の部分が表に出てくるから。勇気を持って行動する事によって私たちの性格が表れるのです」
なんと言う素晴らしい発見でしょう。大天使ミカエル、ありがとうございます!

~おわり~

★前編はコチラ

ネリー・エンジェル新認定講座11月に開催!
個人セッションも開催されます。
詳しくは、以下のアドレスへメールにてお問い合わせください。
ネリー・エンジェル日本事務局
nellyangel-jpn@deafelice.com
担当:如月(きさらぎ) まで