夏はやっぱりクエン酸パワー! 「お酢ムージー」どうですか?

夏はやっぱりクエン酸パワー! 「お酢ムージー」どうですか?

夏バテにはお酢!

35度の猛暑が続いたと思えば、気温は下がって梅雨模様がぶり返し、時々ゲリラ豪雨に当たられる……。今年の夏はなかなかサバイバルです。THE夏バテではないけれど、気温や湿度の変化についていけなくて、体調を崩し気味という人も多いですよね。

今年は風疹も流行していますし、ことさら体調管理には注意したいところです。そんな、気まぐれな今年の夏にもやっぱりクエン酸パワーはおすすめです。お酢、梅干し、レモンなど、クエン酸が豊富な食べ物を適度に摂っていると、夏の暑さと汗でドロドロになりやすい血液をサラサラにしてくれたり、疲労物質の乳酸が増えるのを抑えてくれるなど、私たちの身体のなかで、元気に夏を過ごすために頑張ってくれます。そのほか美容面でも新陳代謝を活発にてアンチエイジングをサポートしてくれたり、ダイエットにも効果的です。

 

手軽にクエン酸は、飲み物に入れる!

いつもの煮物にちょっとお酢を足すとサッパリと食べられるようになったり、お料理にも活躍してくれますが、一番手軽なのはやはり飲み物のプラスONですね。炭酸水にレモンやお酢を入れれば、簡単サワードリンクです。酸味が強いのが苦手な方は、ハチミツなどをプラスしても。加熱しないので、ハチミツの酵素もそのまま摂れるから一石二鳥です。そう考えるとレモネードって、夏ドリンクにぴったりですね。

最近では、さまざまなお酢が売っていますから選ぶのも楽しいですよね。りんご酢などは、ドリンク用に甘味などがつけられていなければ、お料理にも使えますし、穀物酢ほど酸味も強くないので扱いやすいような気がしています。健康を気遣う方への贈り物としても目新しくて喜んでいただけそうです。

さて、そんなお酢のある生活のなかで、私が最近実践していておすすめなのが、朝のスムージーにも入れる、その名も「お酢ムージー」。小松菜やバナナ、リンゴ、キウイなど、その時々の材料でつくったスムージーにお酢を大さじ1杯ほどプラスするだけです。組み合わせにもよると思いますが、そこまでお酢の味を感じることもありません。酸っぱいのが好きなので、りんご酢をお水にちょっと加えて、食後に飲んだりもしています。

そのせいか、少し食べ過ぎたかな?という日でもあまり体重が増えなくなったような気がします。また、一日パソコンに向かっていて、少し前は「コンタクトが合わないかも?」と思うほど、かすみがひどくて目薬が手放せなかったのですが、飲み始めてここ1カ月ほどは、気づけば前のようにすぐに目薬に手を伸ばさなくなりました。

疲れの原因、どんな栄養が不足しているかは人それぞれですが、夏の疲労が取れなくて、「そういえばクエン酸不足かも?」と思う方がいたら、一度お試ししてみはいかがでしょうか?