【植物のチカラで美しく♪豊かに♪】紫外線ダメージ対策①ハーブゴマージュ

【植物のチカラで美しく♪豊かに♪】紫外線ダメージ対策①ハーブゴマージュ

紫外線に負けない!

こんにちは!植物のチカラであなたの美力アップをサポート!アロマ&ハーブ美容研究家オノエリです。各地で猛暑が続いていますね。みなさま、いかがお過ごしですか?

1年で一番紫外線が強い夏。紫外線によるダメージは「光老化」と言われます。通常の「老化」とは、年齢と共に身体の生理的機能が損なわれていくことですが,「光老化」は紫外線によるダメージが原因となります。これは加齢によって起こる老化とは基本的に違い,加齢による老化に上乗せした形で起こります。

加齢は平等、老化は不平等。
見た目の年齢を決めるのは、あなたの心と毎日のお手入れ。

と、特に夏に思い出す言葉です(笑)。紫外線による「光老化」対策をすることで、あなたの見た目年齢が左右されます。今回から秋ごろまで、植物のチカラでできる「紫外線ダメージ対策」をお伝えします!

さて、紫外線ダメージ対策としては「保湿」がとても大切と言われますね。でもその前にもっと大事なことがあるのです!それは、「毛穴の汚れをしっかり取り除くこと」。紫外線に対する防御反応として,皮膚は厚くゴワゴワになり,色も濃くなります。それがシミ、しわとなって現れます。皮膚が厚くゴワゴワになってしまうと、使用しているローションや美容液のお肌への浸透が妨げられてしまいます。せっかくすばらしい美白系の基礎化粧品などを使用しても、お肌への浸透率が悪いと効果も半減。また、夏は日焼けクリームなどの使用量が多くなることから、毛穴も汚れてしまいがちになります。

今回は、ハーブでつくるゴマージュ剤(角質の汚れとり)の作り方をご紹介しちゃいます!

★お肌の鎮静&美白もバッチリ!ゴマージュ剤★

【用意するもの】
ドライのラベンダー小さじ1/2(2.5)、ドライのエリカ(ヒース)小さじ1/2(2.5)、ハチミツ少々、クレイほんの少し(耳かき1さじ分くらい)、すり鉢、すり棒、ハーブウォーター(ミネラルウォーター可)

【作り方】
1. すり鉢にラベンダーとエリカを入れすり棒でよくすります。
2. 1にクレイを加え、ハーブウォーターとハチミツをほんの少し混ぜ、全体的に耳たぶくらいの柔らかさになるようにします。
3. 洗顔後、肌にハーブウォーターをたっぷりとなじませた後、2を顔・首に塗ります。
4. 中指と薬指を使い、2のゴマージュ剤を肌の上でやさしくクルクルと回しながら、毛穴の汚れを取り除いていきます。*強くこすらないように注意してね♪
5. 汚れがたまりやすい鼻、アゴなどをやさしく&念入りに。そして首も忘れずにケアします。
6. 終わったらティッシュでゴマージュを取り除き、流水で洗い流します。
7. 仕上げは、お使いの基礎化粧品をいつもの量よりもたっぷり塗布して終了!

■ラベンダーの効能■
紫外線を浴びたお肌のほてりを鎮める効果があります。お肌の生まれ変わりを手助けしてくれるため、できてしまったシミに対する早急な処置としてとても有効です。

■エリカ(ヒース)の効能■
アルブチンという成分が含まれており、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を阻害します。また、美白効果があり、ミネラルも豊富に含まれています。ビタミンなどはナノ化しないと皮膚からの吸収は難しいと言われていますが、ミネラルは皮膚から吸収でき、お肌を健やかに保つことができます。

■クレイ■
ミネラルを多く含み、毛穴に詰まった余分な脂分や老廃物を除去します。ミネラル成分を肌の細胞・組織に浸透させ新陳代謝促を促し、肌本来の弱アルカリ性に導きます。肌の弾力性を保ち、殺菌、美白があります。

■使用ペース■
4週間に1度(肌の生まれ変わりの28日周期)で行います。角質が厚くゴワゴワの方、毛穴の汚れが気になる方、角質除去のケアをしていなかった方は、2週間に1度のペースを3回ほど繰り返し、その後は4週間に1度のペースにします。

ケア後は、お肌のざらつき、くすみがとれてさっぱり!肌トーンが一段明るくなります♪また基礎化粧品の浸透力が良くなるためたっぷりと使用することで、お肌の内側から弾力がアップし健やかなお肌へと導くことができます。まずは、ハーブのチカラでお肌の汚れをとり、紫外線のダメージに強いお肌づくりのベースをつくりましょう!(*^^)v