人生の転機はイニシエーション

人生の転機はイニシエーション

精神的に辛い時は肉体のネガティブを放出する

生きていると何度か『転機』が訪れます。その中にはハートが切り裂ける程の悲しみや苦しみを体験しなければならない場合もあります。

それはスピリチュアルな『通過儀礼=イニシエーション』なのかもしれません。

例えるなら、ハードル競争。私たちは生まれる前に、自分のハードルを何個にするか決めました。いくつかの高さが違うハードルを超えゴールまで向かいます。

アセンション過程の地上には私たちがこれを1つずつ乗り越え、精神的に成長するように導かれています。この体験は辛い事ばかりでは無いのです。結婚や出産もそうです。

何か辛い事があった時、またそのような状況に置かれていると、その事に執着してしまう事があります。それではその渦の中で身動きが取れなくなってしまいます。その状況は更なる似たようなエネルギーを引き寄せるので、自分だけ不幸だと思えてしまったり……。

そんな時、『布袋さま』が私に教えてくれたのは、精神的に辛い時は肉体を追い込む!ということでした。運動をしない人はジョギングや腹筋をする。あるいは断食をする。

これは筋肉などに染み込んだ、ネガティブなパターンなどを落とす為でもあるようです。辛い状況などは過去世から持ち越して来た想いや体験が魂の中で何か訴えている、ということかもしれません。今回でその試練を乗り越えて!というサインの場合もあります。
そんな場合はハートに耳を傾け、旅に出てみましょう!

旅は、新しい気づきをもたらしてくれる

日本人のライトワーカーの多くはレムリアやアトランティス大陸の時代を生きています。思い切って、その頃のあなたの叡智が宿る場所に出かけたり、高いエネルギーを保つ聖地に出かけてみて下さい。それだけで何かが変わる事があります。

私は20歳で初めての通過儀礼を体験しました。その後、辿り着いたのがバリ島でした。この大地で、過去世の私と出会い新たな人生がスタートしました。

バリにはたくさんのパワースポットがあります。近年は観光地化されて来ているので、聖地も様々なエネルギーで雲のようになっている時があります。

観光客が居ない早朝や満月の夜、出向くのがオススメです。

パワースポットと呼ばれる場所は、古代から聖なる祈りが大地の奥まで染み込んでいます。その場所に立つ場合、身を清めてから入るのが礼儀です。

たまたま訪れる場合もありますが、何か導きが欲しい、答えが欲しいと助けを求めに行く時は、怒りや心配などネガティブな物を持って行かず深呼吸をして吐き出してから入ります。

ネガティブな想念などは例えると真っ黒い雲、黒いマントのようです。身心を清め、真っ白な状態でその場所で目を閉じ、祈り、耳を澄ませます。

酸素を通してもたらされる祈りの答えは、呼吸が浅いと受け取れません。1人ゆっくりその場に立ち、呼吸を整え、その大地の奥深いエネルギーと天に繋がり身体の中に聖なるパワーを流してみて下さい。

私がバリで行うリトリートワークショップも、まずは聖なる泉や滝にうたれ黒いマントを取り去る所から始まります。

エネルギーの高い、光の多い大地は植物もよく育ちます。私たち人間も植物と同じです。

黒いマントを痛んだ泥だとしたら、痛んだ泥を落とし、たくさんの光を当て、肥えた大地に植えれば、力強く元気な花が咲くのです。

私のオススメ! バリに行く際は是非、ティルタテンプルで沐浴してみて下さい。普通の観光客はその泉を観て終わりですが、せっかく訪れたなら是非お試しあれ!

その場合、
『私を清めさせて頂きます。そして、私が元気で光輝き、より多くの人たちに光を注げますように……』
そんな感謝の気持ちを込めて。

その後、太陽をしっかり浴び、祈りを捧げ、美味しい物を食べて来る!
旅に出られない場合も同じです。

海塩を入れたお風呂に浸かったり、マッサージを受けたり、メイクをしたり、髪型を変えたり、今までとは違うタイプの服を着て、気分を変えてみるのも一つです。

あなたのハードルを楽に飛ぶには、軽くなる事がポイントなんですね!
低いハードルになって行くよう、また楽にハードルが跳べるよう、あなたの側でいつも見守っている光の存在たちに遠慮無く助けを求める事をお忘れなく!
どうせなら楽しんで人生のハードルを超えて行きましょう!

Love and Light
サンドラ