お寺でアート!? 日本有数のパワースポット高野山がキャンバスになる!? 「Happymaker in 高野山2013」

お寺でアート!? 日本有数のパワースポット高野山がキャンバスになる!? 「Happymaker in 高野山2013」

パワースポット×アート!

弘法大師空海が修行の場として開山した高野山。真言宗の総本山であり、日本を代表する仏教の聖地の一つ。金剛峰寺、檀上伽藍、奥ノ院など見どころも多く、観光地として、また今も変わらず真言宗の修行場として息づいているこのパワースポットで、一大アートイベントが開催されます。

街歩きをしながら、さまざまなジャンルの作品を巡ることができるアートプロジェクト「ハッピーメイカー」が、今週金曜日7月5日より3日間、高野山を舞台にして行われます。アートといっても、高野山のその歴史や背景に畏敬の念を抱いているアーティストたちが、その高野山という素材を最大限に活かし、高野山だからこそできる作品を創り上げています。高野山一体に、布や写真、陶芸などさまざまなアート作品が展示されるほか、高野山内に設けられた会場ではパフォーマンスイベントなども多数開催されます。まさにアートとお寺を楽しむ3日間。普段はなかなか立ち入ることのできないお寺に入ることもできます。気になるイベントをご紹介。

 

★滝山隆心ダンスパフォーマンス
滝山隆心(たきやま りゅうしん)さんは、芸術大学を卒業後、高野山真言宗の僧侶となり、高野山普門院にて宗教舞踊を指示し、現在も高野山にてヒップホップダンス教室を開講しているという異色の経歴の持ち主。今回のパフォーマンスのテーマは「人型反応性可動式瞑想体」。観客も参加できる瞑想体験を組み込んだ高野山ならではのパフォーマンスを披露してくださるそうです。

★「こうや紙」紙漉きワークショップ
高野山で写経や瞑想体験をされた方は多いかもしれませんが、「紙漉き」を体験された方はまだ少ないのではないでしょうか? 高野山には古くから伝わる伝統の和紙「こうや紙」があり、今回はそこに高野山の植物を混ぜ込んだオリジナルのポストカードづくりが体験できます。

そのほか、朝ヨガやジョギングで世界遺産を巡る「高野山マラニック RunでArt」など、さまざまな催しが開催されます。高野山には何度も行ったことがあるという方も多いかもしれませんが、この3日間はいつもと違った高野山を楽しめるはずです!

 

※各種イベントの開催時間、参加料金はホームページをご確認ください。

<開催概要>
開催日程:2013年7月5日(金)~7月7日(日)(3日間)
開場時間:10:00 ~ 17:00 入場は閉場時間の30分前まで
会場:高野山内5ヶ所
入場料:フリーパス 大人300円 高校生以下無料
展示作品:写真、陶芸、インスタレーション、舞踊、音楽、染色
主催:Happy maker in 高野山 実行委員会
後援:和歌山県、高野町、総本山金剛峯寺、南海電気鉄道株式会社、高野町教育委員会、 (一社)高野山宿坊協会、高野町商工会、テレビ和歌山、関西元気文化圏参加事業
公式サイトhttp://happymaker-koyasan.info/