「する」のではなく「しない」のススメ~するを手放して心満たされる~

「する」のではなく「しない」のススメ~するを手放して心満たされる~

「しない」ことの有意義さに気づく

こんにちは!幸せ魂案内人の望月彩楓です。現代の日本は物理的な豊かさに溢れていますよね。だから、健康のために何か良いサプリを飲んだり、食べたり。あるいは、運動を「して」、努力「して」……。とにかく、何かを足し算しようとしたり、今以上に何かを頑張って「やろう」「取り入れよう」としがちです。なぜならスポーツジムも整っていますし、多種多様のサプリや食品もあり、それを買うお金がある人が非常に多いからです。だから健康のために、幸せのために、明日のために、何かをしようとか何かを取り入れようとします。常に頭のなかもザワザワしていて、次は何をしようか何を吸収しようかと考えています。

でも時には、何も考えずに、何もせずに、のほほーんと過ごすことこそが今の自分にとって一番効く「薬」かもしれませんよ? なーんにもしないでみること。努力をしないで楽をしてみること。それが一番必要なサプリメントなのかもしれません。

この体調不良を治すには? 幸せになるには? 前向きになるには? 悩みを減らすには? 人生をもっと楽しくするには?

その答えを追い求めて色々なことを試して、ことごとく結果が出ずため息をついていらっしゃる方。いっそ、努力して何かをしてみることをやめてみませんか。何かしなきゃ。もっと努力が必要なんだ。もっともっと何かしなくちゃー!と自分を追い込んでいないか、改めて冷静に考えてみましょう。特に真面目な方は、つい自分が努力不足だ、何か足りないせいだと思って何か新たな努力を重ねることばかりに意識が行きがちです。でも、これ以上何かを取り入れる隙がないのかもしれません。自分の心や身体の器から色んな物事が溢れているのではないでしょうか?

私の住むここ鳥取は、なーんにも無いですし、夜10時には真っ暗になり街も眠ります。でも、だからこそ都会と違って何かに意識を奪われること無く、夜は自分や家族や友だちと、じっくり静かに向き合う時間を持ちやすいんです。なんと鳥取は日本で唯一スタバが無い県でもあります(笑)!でも「なーんも無い」がここには有ります。そして「時間のゆっくり流れる場所」です。東京で生まれ育った私にとって、ひょんなことからご縁があった鳥取ですが、やはり導かれて来たのだと思います。今までは「有」に偏りがちだった生活から「無」を感じられる場所へ移って以前よりも色々な意味でバランスがとれてきた感覚があります。

都会の皆様も、ぜひな~んにも無い鳥取に来てみて下さい。そして「なにもしない」を体験しに来てください(というのも矛盾的な表現ですが)。何かが有るばかりが良いわけではないんだね、という事に気づくキッカケになると思いますよ♪