菅原千春の空を見上げて~2013年6月23日 - 山羊座の満月「スーパームーン」

菅原千春の空を見上げて~2013年6月23日 - 山羊座の満月「スーパームーン」

山羊座の満月

アロハ!癒しの島ハワイ、ホノルルから菅原千春です。日本時間6月23日午後8時32分 に山羊座で満月が起ります。
*参考リンク「The Moon Age Calendar」http://www.moonsystem.to/ 

北米では6月にイチゴの収穫が行われるため、それにちなんだ名前Strawberry Moon(苺月)と6月の満月に付けられた。ヨーロッパではRose Moon(薔薇月)という別名が付けられ、ほかの文化では夏の暑さの始まりを意味するHot Moon(暑気月)と呼ばれている。(*以下より抜粋)

*参考リンク「宇宙−満月:その12ヶ月−ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト」http://www.nationalgeographic.co.jp/science/space/solar-system/full-moon-article.html

満月は新月から始まった新しいサイクルのエネルギーが満月を迎える時に最高潮に達す時、全てを大きくするエネルギーですから、気の合う人と楽しい時間を過ごしたり、新月に書いた願いごとの結果や、叶う課程にある効果を受取るに相応しい日です。憤りを感じたり、イライラしたり、言い争いやケンカはNGですから気を付けてくださいね。

また、浄化に適した日ですから、パワーストーンはもちろん、様々なスピリチュアルグッズを満月のパワー、月光浴などで浄化しましょう。月の光に当てなくても、外気に触れさせるだけで、大気圏に満ちた満月のパワーが浄化してくれますよ。満月毎の習慣にされると良いですね。

月が満ちる直前までに、お財布の不要なもの、お金が出て行くことになるもの(クレジットカード)などを抜いた状態でお財布をフリフリして外気に触れさせ、金運上昇を満ちていく月からパワーチャージしてもらいましょう。

ネガティブな感情や心と思考の不要なものを手放すことにも絶好の機会です。ぜひ瞑想などを取り入れた自分なりの「解放」を心掛けてみましょう。新月に向けて欠ける月のサイクルと一緒にダイエットを始めると言うのも良いアイデアですね。

この満月はスーパームーン! 一年のうちで、月が地球に最接近するので、月が最も大きく明るく見えます。ぜひ、この特別な満月からパワーをもらってくださいね。

山羊座で起こるスーパームーンのメッセージは「貫く力」

このスーパームーン、太陽が蟹座に入る夏至の後で山羊座で起ります。私がこの月から受取ったメッセージは「貫く力」です。先月の射手座の満月のときは「信じる力」でしたね。先月得た「信じる力」のパワーを持続し、目標達成まで「貫く力」のパワーを得てくださいね。

一見地味そうな山羊座、秋の星座の始まりで、2等星以上の明るい星もないことから、暗いイメージがあるのも否めませんが、実はとても個性的な星座です。

とても慎重な山羊座ですが、実は物事を五感で捉え、直感も発達しています。そして、明るくパワフルで勇敢でもあり、審美眼に優れ、価値観がずっしりとしているのもこの星座の特徴です。自らに働きかける積極性もあり、自己管理能力にも長けています。

山羊座の支配星は土星、「成熟」や「安定」もこの満月のテーマとなります。また山羊座は「賞賛」や「認められる」と言うこともテーマですから、将来に対する不安がある方は、ぜひこの満月に「不安」を預けてしまいましょう。また、会社や社会など「人からの評価」が気になる方も、この満月の力を借りて手放してしまいましょう。

これまでの新月の願い事や満月から得たパワーを思い出し、振り返る。満月は「達成」の意味がありますから、この満月の日にご自身が得たもの、得られた物の全てに感謝すると言う過ごし方もオススメです。

「出来る!」を信じることがテーマ

話は私が受け取ったメッセージに戻りますが、「信じる力」は「出来る」か「出来ないか?」を「出来る!」と信じることがテーマでした。今回の「貫く力」は「出来る、出来ない」ではなく、「初志貫徹」で「計画完遂」させる力のことです。これには土星のテーマである「安定」、計画性と心の安定が必要となって来ます。実は「計画性」と「持続力」も土星のテーマと重なります。

心の安定の基本はグラウンディング、「今」を生きると言うことと、「今」に「感謝」することにあります。「今」に「感謝」するためには、現状に満足していない場合には難しいかも知れませんね。では、現状に満足していると言う状態はどんなことを言うのでしょう?それは、ご自身が「幸せ」かどうかだと私は思います。あなたは今、幸せですか?あなたにとって「幸せ」とは何ですか?

先日、「煩悩」「五欲」と言うことを考える機会に恵まれました。

煩悩とは除夜の鐘に数えられるように百八つあると言われていますが、代表的なものがあり、以下がそれです。「貪り」「怒り」「無知」「間違った見解」「おごりたかぶり」などが挙げられています。詳しい説明は避けますが、憤りを感じやすかったり、他人の意見を聞き入れない、受入れないなどの傲慢さは自身を苦しめるもののようですね。

五欲とは「食欲」「色欲」「睡眠欲」「財力」「名誉欲」のことを言いますが、これは誰もが持つ「本能」で、悪しきことを指すものではありません。しかしながら、どの欲も過ぎれば悪しきことが起こりうると言うものと言うことでしょうか。

現代病の原因の多くは「食べ過ぎ」からと言われています。「色欲」は身を壊す可能性を秘めています。「睡眠欲」はやる気や行動力を奪い取り、様々な可能性を失うかもしれない。「財力」や「名誉欲」を欲するあまり、これまで多くの人々が争いを重ね、逆にたくさんの大切なものを失って来た歴史があります。

あなたが欲しいものは何ですか?あなたに本当に必要なものは何ですか?自身を知り、自身の欲を突き詰めて行くと「幸せ」とは何か?が見えて来ますよ。

あなたの幸せはものや誰かが与えてくれるものではありません。これらの「欲」に換わる何かを自身の中に見つけましょう。誰もが自身の中にある光を見つけ、あなたらしく輝いてくださいね。

「時の神」でもある山羊座の支配星の土星のパワーで「今」この瞬間を楽しむ、生きる、味わうなどのパワーを受取ってください。みんなにひとつの月、私も同じ満月をホノルルの自宅の裏庭から見上げています。みなさんも楽しい満月の夜をお過ごしくださいね。

次回は「 菅原千春の新月アファメーション PART.10 ~2013年7月~」、蠍座の新月をお届けします。今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。