6月9日は双子座の新月~新月のエネルギーを受け取って、何でも叶えられる貴婦人になろう

6月9日は双子座の新月~新月のエネルギーを受け取って、何でも叶えられる貴婦人になろう

梅雨の新月

5月の満月祭である、「ウエサク祭」の満月の5/24を過ぎて、今度はいよいよ、梅雨入りしての新月ですが、なんだか暑くなるばかりで、雨はなかなか降りそうもない日々が続いているようです。それよりも、このところ、細かい地震が続いているのも、地球と天体の関係性も、エネルギーがいっぱいの満月からの流れなのかも?なんて思ったりします。

大きな地震が来るよりは、細かいものがちょこちょこ来ている方が、エネルギーが分際されるので、まだ良いように感じます。

一時期、みんなで決まった時間にある被災地の場所にめがけて「癒しのエネルギーを送ろう」というプロジェクトに参加したことがありました。遠隔で 、みんなと繋がって癒しのエネルギーを流している間、あまりにも現地で起こっている様々な感情や、状況が伝わってきて、涙が出そうになるほどでした。

世界の色々なところで、癒しのエネルギーを日本に向けて流してくれていた、3.11の地震の後、離れていても、癒しの活動に参加できる、ということが可能だ、ということに気づいた人たちが沢山居たのではないかな、と思います。

さて、そろそろ新月のお話、本題に進みましょう。
6/9の0:56にふたご座の新月を迎えます。ふたご座は二人の象徴からか、コミュニケーション能力に関するお願い事をするのにも良いとされています。

特に、お願い事をする時は「こういう風に書かなくてはいけない」ということで書くよりは、後から振り返って、自分なりに「こういう書き方をした方が叶いやすかったかもしれない」という傾向がわかってきたら、そのやり方を使うようにした方がいいと思います。

やはり、色々な本やネットにも、その人それぞれでやり方が違います。けれども、自分でしっくりくるやり方でなければ、何度やっても、なんだかシックリ来ない、というのが、結果に表れてしまいます。

そのため、ちゃんと自分の向いているやり方を見つけるのに、時間がかかる場合もあるかもしれませんが、諦めないで、何度もトライして、見つけて行く楽しみも一つ、新月の醍醐味として捉えてみるのも良いと思います。

新月はリセット

私はクリスタルヒーリングもやるので、特に月の光に当てて、月光浴をさせる、というのでは、満月も大事なのですが、新月は「リセット」として使うことも可能だと思っています。もちろん満月の日でも、雨であろうが、雲に隠れていようが、天体からのエネルギーの影響は間違いなく受けています。

新月も同じく見えていなくても、新月のエネルギーに満たされるわけです。浄化・リセット、体の中のお掃除として、断食をほんとに土日だけ、という感じで無理のない数日だけのリセットを行うのもおススメな時期です。

それから、五感を使って、この方法が効くのかどうかを感じるのも大事なことです。

五感といえば、今の時期すごく注目している展示があります。「貴婦人と一角獣」のタピストリーの展示です。これは、もともと結婚の時に持って行って、各地に散らばったものとされていますが、五感に関するテーマでそれぞれのタピストリーが描かれています。さらには、全てが繋がって起こること、というようにも取れるもう一枚が揃って6枚でのセットになります。
この絵を見て、どんなことを感じるのか、というのをぜひ体感していただきたいと思います。特に最近では、色々な雑誌でも取り上げられていますので、もし、美術館まで行かれない、という方は、ぜひ写真でもその美しさに見とれてみてください。
ユニコーンは、処女にしか心を開かない、という純粋な生き物、とされていました。

そのユニコーンがタピストリーに様々なテーマで取り上げられています。

今回全部揃っての登場も、とても奇跡的なことではないかと思っています。タピストリー自体1500年代に作られていたものが、今での現存している、ということもとてもすごいことなのではないかと思います。

美術品を見たりすると、そのエネルギーの高さに、自分自身も高められることになったりします。そのため、私も美術館で直接見られる機会があるのであれば、ぜひ足を運んでみたいといつからか思うようになりました。ちょうど、この時期に行われているので、浄化も含めて、美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、この週末含めて来週の火曜日までは、新宿のハイアットのスペースセブンで、ミネラルショーがやっています。こちらでは、クリスタルが沢山世界中から集まっていますので、ぜひ、クリスタルとお友達になるのもいい時期だと思いますよ。

ぜひぜひパワフルなお友達を味方につけて、お願い事も沢山叶いますように!