木村カンナのSpiritual Beauty Salon~美と癒しのスピリチュアル対談~第二回坪内美樹さんPART.1

木村カンナのSpiritual Beauty Salon~美と癒しのスピリチュアル対談~第二回坪内美樹さんPART.1

いつまでも若々しく健康で輝いていたいなら、カラダ・ココロ・スピリットのメンテナンスが大切です。木村カンナのSpiritualBeautySalonでは、毎回素敵なゲストをお迎えして、美と癒しについてお話をお伺いします。

第二回はトーキングプランナーとしてご活躍の坪内美樹さんにお越しいただきました。司会業や講演などで、日本中を駆け回っておいでの坪内美樹さん。年齢不詳の女子力アップポイントや、魅力的な話し方などについて、お話をおうかがいするとともに、後半では、スピリチュアルなお話をさせていただきました。

若々しく良い状態をキープしたいなら、笑うことが一番!

―美樹さんって、本当にスレンダーですね!どうやったら、年齢不詳の美しさをキープできるのでしょうか

「アナウンスクラブでお世話になった社長さんが、「女はね、いつまでも28歳ぐらいの気持ちと若々しさを保たなきゃダメよ!」と仰っていたんです。その頃、私は、まだ20代前半だったので、「ふーん。」といった程度でしたが、その年齢を超えて、だんだん遠ざかっていくにつれて、「なるほどな~。」と本当に実感しました。なかなか難しいですよね…!私は、仕事と家庭のバランスが取れた30代の自分をイメージして、そこをキープするように心がけています」

―女性なら、誰でも、年齢をキープしたい!と思いますよね。でも、なかなか難しい。美樹さんは、普段、どのようにされているのでしょうか。秘訣はなんでしょう?

「ひとつはね、「笑う」ということですね。「笑い」と「笑顔」とは、違います。「笑う」ということは、「ワハハハハ~」という感じ。私は、落語などを観て、笑わなきゃいられない状況に置くようにしています。なんとなく、悩んでいられないよねっていう雰囲気にしちゃう。今はもう、ご存命ではないのですが、私の大好きな落語家の桂 枝雀さんという方が、「悲しいから泣くのではなく、泣いているうちに悲しくなり、笑っているうちに楽しくなる。」と仰っていたんです。嘘でもいいから、笑い飛ばしていくっていうことが大事なのじゃないかと思いますね」

―なるほど!笑える環境に身を投じ、笑いを練習しているうちに、自然に笑えるようになる…といった、いわば「筋トレ」みたいなものなのでしょうか

「そうかもしれないですね。特に、私は、家族といると、ずっと笑っていますよ。子供たちからすると、私が一番年下に思えるみたいなんです。真剣にやっているのに、突拍子もない行動をとってるように言われちゃって…(笑)「なんで、そんなふうに考えるの!?」なんて、いつも言われてしまいます。」

―笑いが絶えない家庭って、理想ですよね。羨ましい!

「家では「笑い」。外では「笑顔」ですね。自分の顔って、自分ではどうしても見ることができないでしょう?鏡がなければ、無理ですよね。何故だろうって考えたんです。自分以外の方なら、なんの苦労もなく誰でも見られるのにね…。そう思ったときに、自分の顔って、自分のものではなくて、他のみんなのものなんだって思ったんですよ。明るい顔をしていると楽しくなってくるし、暗い顔をしていたら、周りの人たちの気分を害してしまうかもしれない。だから、いつも「自分の顔は人に見せるものなんだ!」と思い出して、「無愛想じゃいけないな」とか、「笑顔でいることが大切!」と思い直すようにしています」

大好きな人を思い浮かべて

―トーキングプランナーとしてご活躍の美樹さんですが、普段は、どのようなことをモットーにお仕事なさっておいでなのでしょうか

「お会いしてお話したことで、何か元気になってもうらうこと。ビフォアー&アフターのように、劇的な変化は起こせないかもしれませんが、安心して楽しんでもらうことができるといいなと思っています。司会や講演をした後で、そこで出会った方々が交流を持たれたり、参加してくださった方から、お便りがあったり…そんなニュースは、なによりですね」

―私達が、普段、話すとき、どんなことに注意したらいいのでしょうか。自分らしさを表現できるトーク法などがあれば、ご伝授いただきたいです

「まずは、表情ですね!鏡の見える位置に座ること。自分の顔を観る機会を増やすこと。常に、表情をチェックしてください。とにかく自分の顔に、できるだけ沢山出会うこと。そして、自分の好きな顔を覚えてインプットすることが大切ですね。そして、それを再現するの!柔らかな笑顔を大切にしてくださいね」

―どうやったら、柔らかな笑顔が出せるようになるのでしょうか

「テレビの仕事をさせてもらっていたときにね、「自分の一番好きな人だと思ってカメラを観るように」っていわれたのよ。これは、とても有効!お話する相手の方を、ご自身の大好きな人だと思って接すると、自然に笑顔になりますよ。あとは、赤ちゃんや可愛いものを思い浮かべると効果的です!」

―なるほど、ちょっと苦手だなぁ~と思う相手がいても、大好きな人を思い浮かべると、会話が上手くいくかもしれませんね。

「私も、最初の頃は、しょっちゅう、そうやっていました(笑)さすがに、いまは、もう苦手だと思うことはありませんが。大好きな人や物と出会ったときの感覚を覚えておくと役に立ちますよ」

毎日のボディチェックとメンテナンス!

―普段のお手入れやライフスタイルで気をつけておいでのことはありますか?

「肌が丈夫だから、メイクをしたまま眠ってしまったりすることもあったんですよ。だけど、年齢を重ねてからは、だんだん、「おや?」と思うようになってきて、それからは、どんなことがあっても、メイクを落とすようにしています」

―美樹さん、スッピンに近いですものね。つやつや~!さらに、そのスリムボディは、一体なに!?という感じですよ(笑)

「ボディチェックは、毎日していますよ。鏡の前でチェックしたり、体をつまんでみたり。太らなくても、皮膚はたるむでしょう。だから、毎日チェックして、スクワットをしたり、メンテナンスが大切。目標を書くようにしているんです。毎日、スクワット30回とかね。できない日のほうが多いけど(笑)」

―毎日の厳しいチェックがスリムボディの秘訣なんですね…!

「そうですね。だけど、厳しいだけじゃダメなの。確かに、歳を重ねるのは仕方がないのだけど、おばさんだからとか、歳だからとかいう理由で、何かを断念したり、「私ってダメだな~。」なんていうと、自分のカラダに申し訳ないでしょ!?もしかしたら、体のほうは、「頑張ろうぜ!」と思っているかもしれないし…(笑)だから、自己暗示の力を信じているの。「キレイだね。」とか「若いね。」とか言うようにしています。メントレですね」


~PART.2に続く~

転載元
http://www.kimurakanna.com/spiritualceleb/spiritualceleb1.html