空のハーモニーと満月と

空のハーモニーと満月と

満月に月食が重なる5月25日

ここ数日は、急に暑くなりましたね。体調を崩さないようにしたいものですね。こんにちは、MICHAEL Yukiです。さて、先ほど私は、日没後に、木星・水星・金星の作る三角形を西の空で見ることが出来ました。今月の末まで、日没後には、この三つの惑星が並ぶように見えるそうですよ。綺麗に晴れた夕方は、ぜひ、日没後、空を観察する時間を持つようにしてみてくださいね。

また、この時期に重なるように、25日13:25に「いて座の満月」になります。そして月食、という日でもありますので、様々な出来事が起こりやすいかもしれませんね。人によっては、ざわざわした気持ちになってしまう方もいらっしゃるでしょう。

満月は人によっては、興奮状態に容易になりやすかったりするエネルギーとして感じられるかもしれません。
そんなに気にならない方も、食事面では気を付けてみましょう。いつもよりも吸収しやすいという特性があります。

さて、満月はいつも「満たされるエネルギー」ということを重ねて言っていますが、実際に何に満たされているのか?というのを自分の中で向き合ってみるようにする、というのも、ちょうど良い日かもしれませんね。自分が何を欲しているのかがはっきりしないと、それはやって来ないことは、前にも触れたことがあると思います。

気づいた人から人生に魔法をかけられる

エネルギーは「磁石」のように、引き合います。求めなければ、そのエネルギーを引き寄せるトリガーを引くことはできないのです。「求めよ。さらば与えられん」というジーザスの言葉は、もしかしたら、「ザ・シークレット」だったのではないか?と私は思ったりします。

「神は自分の中にある」それは、きっと気づいた人から、自分自身が魔法を叶える魔法使いになれる、ということを意識上にはっきりさせることで、ちゃんとその魔法を使う、という術を自ら発揮できるようになるのではないかと思います。

だれもが「使い方はわからないよ。だってそういう能力は私には無いから」と諦めてしまったら、それまでだと思うのですが、大抵は、試す前からやらない人の方が多いはずです。「望んだことを叶うと信じれば、必ず叶う」そう信じて進めば良いのに、進むこともしないで、「できないもん」と思ってしまっている人の方が、世間では大多数を占めているはずです。

それゆえに、無気力になったり、何かを求める気持ちを持てない、希望が何もない、と嘆いている人が多いのではないかと思います。

世の中に、ちゃんと「満たされていいんだよ」という自分自身に対する「許可証」を出していない人が多いから、きっと荒んだ心になってしまうのではないかと思います。まずは、自分が自分に「許可証」を出さなければ、他の人に対しても同じように「許可証」は出せないでしょう。まずは、自分のことをしっかりと見つめてみてはいかがでしょうか?

きっと夜、満月を見ながら、瞑想をしたりすると、満ちていくエネルギーに、自分が満ちていくことで、コップに水が溢れると、他にも流れ出すように、他の人に対しても、優しい気持ちになれたり、満たしてあげる気持ちを少しでも持てるようになるのではないかと思います。

また、夜空の幻想的な惑星のハーモニーは、何万光年も前の光が、こうして今届いて見せてくれている、と考えると、なんとも不思議な気持ちになるものです。満月の前後、天体の幻想的なハーモニーは、人間関係にもハーモニーをもたらしてくれることを私は願うばかりです。

世の中、エネルギーが占めることの方が実際は多いのです。その後に、現象となって、現実世界に繰り広げられることが、目に見えるようになってから、ようやくわかること、というようになってから、「ああ、そうだったのか」と気づくのが普通の順番なのかもしれません。

先に自分が発信する側に居る、ということも、満月の日に、感じてみてください。「新月の日のお願い事」がいくつ叶ったのかを数えてみるのも、満月にはちょうど良いですね。ぜひ、色々と感じてみて、満月のエネルギーを楽しんでみてくださいね。ロゼワインに満月の光を映して、恋のおまじない、なんていうのもあるそうですよ。
楽しい夜を過ごせますように!