要らないモノの半分は優しさで出来ています~神様の親心~

要らないモノの半分は優しさで出来ています~神様の親心~

人は可能性がある

スクワットって知ってる? 頭の後ろに手を組んで、地面にお尻を近づけておいて……、やっぱり戻す、みたいな、アレ。みつろうは、あるスポーツの社会人同好会に入っていて、週に1回、1時間程度練習しているのですが先週、キャプテンが、なぜか急に、「今週から、練習にスクワットを取り入れる!」と言いだして、みんなで40回のスクワット。スクワットが終わった後、いつものように、みんなでパス回しながらのランニングを始めようとした、その時、ドテ、ドテ、ドッテ!ほぼ全員、足がもつれて、ころんじゃった!

やってみればわかるが、たった40回のスクワットでも、足が上がらなくなる! 動けなくなるのだ! しかも、恐ろしい事に、脳は動ける気、マンマン!! 動けないなんて、まったく思って無いので、なぜかついてこない足を置いてけぼりにして、意志だけは、気持ちだけは、一歩先へ!

グランドでは、まったく走れなくなった4~50代のおっさん10人前後の集団が。その場から、誰ひとり、動けない。なんのサークルなのか、遠目からは誰にもわからない状態。

どんなアスリートでも、一流のスポーツ選手でも、違う競技をすると、筋肉痛になるという有名な話がある。プロ野球選手が、オフの日にサッカーで遊ぶと、次の日、筋肉痛になる。毎日すごい筋肉トレーニングをしている、プロ野球選手なのに、次の日、筋肉痛になる。同じく、Jリーグ選手が、野球をすると、次の日、筋肉痛になる。普段は使っていない筋肉というのがあるのだ。どんなに激しいスポーツでも、絶対に、そのスポーツに、使っていない筋肉があるのだ。

昔、みつろうの友人に、その話しをすると、

友人
「空手だけは違う。空手は全ての筋肉を使うので、プロの空手選手は、どんなスポーツをしても、絶対に筋肉痛にならない!」と言い張った。彼は、極真空手で全国大会でも優勝した経験を持ち、毎日、死ぬほど色んな筋トレをしていた。だから、自信があったのだろう。全ての筋肉を使っているという、自信が。でも、彼、一緒にボーリングした次の日、普通に、筋肉痛になってたけどね。空手、まさかの、ボーリングよりも弱し!!どれだけ筋肉を使って、ひとつの競技を極めていても、絶対に使っていない筋肉があるのだ。

どれほどその道を極めたって、人間には、普段使わない筋肉が絶対にある。
実はこれ、凄い話なのです。

あなたは、人生で、色んな事にチャレンジできますよってことだから。
「どんな事にでも、チャレンジできるように、いちおう、用意しておいたよ」ってこと。
「確かに、使わないかもしれないけど、でも、やっぱ、用意しておいたよ」ってこと。
「使わないまま、死んじゃうかもしれないけど、いちおう、用意しておいたよ」ってこと。
「だって、あなたが、ひょっとしたら、やりたいって言いだすかも知れないじゃないか!」ってこと。
「だから、要らないモノも、ちゃんと、用意しておいたからね」ってこと。
この人体に、要らない筋肉が、絶対にある。
この世には、不必要なものが、絶対にある。
宇宙には、余ってるものが、絶対にある。
だって、いつか、使うかもしれないから!

神さま
「念のために、用意しておいたよ!」
なんという、優しい気遣いなのでしょうか。

我が子が、どんな事であれ、チャレンジできるように、一応、教育資金を用意しておこうという、この親心。使わないかもしれないけど……、使わなくても良いんだけれど……、だけどやっぱり、用意しておこう。

だって、あの子には、何にだってチャレンジしてほしいから。チャレンジしたいと思った時に、それを叶えるための要素を、あらかじめ、用意しといてあげたいから。

一度きりの人生じゃないか。色んな事にチャレンジしよう。そのために、神様がいろいろな可能性をプレゼントしてくれたのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上は、ブログ「笑えるスピリチュアル」からの転載です
笑えるスピリチュアル
http://ameblo.jp/mitsulow/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・