迷える贅沢~「どちらを選択すべきか」への答え~

迷える贅沢~「どちらを選択すべきか」への答え~

人生は選択の連続

先日、急に「自分の時間」が出来たみつろうは悩んだ。

みつろう
「どうしよう、貴重なフリータイム! 子供の保育園の迎えもしないでいいから、午後9時まで5時間もフリーじゃないか。このままスーパー銭湯に行って泳ぎまくるべきか。いや、本屋に行って、立ち読みどころか、座り読み・寝読みをするべきか。あーどうしよう。どっちも素敵……」

車を運転しながら、悩むみつろう。次の交差点で、右に行けば銭湯、左に行けば本屋。迫りくる、信号機。あー、どうしようどうしよう、どーしよー!!! 結局、決められずに、右折車線と左折車線の二車線のど真ん中で、信号は赤に。まさかの二車線を封鎖しながら停まっている、違法ギリギリアウトのおかしな車の車内にいる運転手「みつろう」に、あなたなら、なんて言う?

右に行くと銭湯、左に行くと本屋。さぁ、白バイに乗って、近づいて行って、運転席の窓をコンコンし……はいっ!

「どっちでも良いわい、とにかく免許証出して。減点ね」

そう!
ほんと、どっちでも良い。迷っている全ての人に言いたい。ほんと、どっちでも良い。そもそも考えてほしい。迷っていると言うことはどっちでもいいのだ。答えが、どっちでも良いからこそ、迷っているのだ。右に曲がれば地獄、左にまがれば天国ならば、迷わず、左に曲がるだろう。だから、迷っている時には、どっちが答えでも良いからこそ迷っているんだ、と気付いて欲しい。

いつだって、そう。
どんなケースだって、そう。
かつ丼にするか焼き肉にするかの迷いも、独立するか、会社に残るのかの迷いも、あなたが迷っているのは、答えがどっちでも良いからこそです。

今日からは、「自分はいま迷っているな」と気付いた時には、「っは!迷っているという事は、どっちでも良いからこそ迷っているんじゃないか!」ということを思い出して、一度、ホッとしてみてください。
で、もういちど、その迷っている選択肢を見つめてみる。
きっと、さっきよりもっと楽に選択できる事でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上は、ブログ「笑えるスピリチュアル」からの転載です
笑えるスピリチュアル
http://ameblo.jp/mitsulow/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・